【IPO 初値予想】BASE(4477)

← 表を横にスライドすると残りの情報が確認できます。 →
上場日 コード 銘柄名 市場
2019/10/25 4477 BASE(株) マザ
主幹事 BB期間 仮条件 公開価格 初値 公開枚数 売買単位
大和 10/09-10/16 1,150-1,300円 10/17 8,311,500株 100株
【IPO 初値予想】BASE(4477)
代表者名 鶴岡 裕太
所在地 東京都港区六本木三丁目2番1号
設立年 2012年
資本金 1,325,682,000円(09/20現在)
従業員数 126人(連)(08/31現在)
株主数 34人(08/31現在)
業種 情報・通信業
事業内容 Eコマースプラットフォーム「BASE」及びオンライン決済サービス「PAY.JP」の運営等
ホームページ https://binc.jp/

BASE(株)[4477]のIPO基本情報

公募 522,600株
売出 6,704,800株
O.A.分 1,084,100株
上場時発行済み株数 19,344,600株(公募分を含む)
申込期間 10/18-10/23
払込期日 10/24

BASE(株)[4477]の取り扱い証券会社と引受割合

シンジケート 証券会社名 割当数(株) 割当(%) 電話番号
主幹事証券 大和証券 6,169,100 77.00 03-5555-2111
引受証券 SBI証券 1,201,800 15.00 03-5562-7210
引受証券 みずほ証券 260,400 3.25 03-5208-3210
引受証券 野村證券 120,200 1.50 03-3211-1811
引受証券 SMBC日興証券 80,100 1.00 03-5644-3111
引受証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 80,100 1.00 03-6213-8500
引受証券 いちよし証券 80,100 1.00 03-3555-6210
引受証券 極東証券 20,000 0.25 03-3667-9171

BASE(株)[4477]の大株主

株主名 概要 保有数(株) 割合(%)
鶴岡裕太 代表取締役 4,364,000 21.13
グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合 ベンチャーキャピタル(ファンド) 1,923,200 9.31
株式会社サイバーエージェント 特別利害関係者等 1,804,000 8.74
SBIVenturesTwo株式会社 ベンチャーキャピタル(ファンド) 1,661,200 8.04
グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合 ベンチャーキャピタル(ファンド) 1,592,000 7.71
株式会社丸井グループ 特別利害関係者等 1,261,200 6.11
株式会社メルカリ 特別利害関係者等 1,242,400 6.02
FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合 ベンチャーキャピタル(ファンド) 1,240,000 6.00
イーストベンチャーズ投資事業有限責任組合 ベンチャーキャピタル(ファンド) 1,139,600 5.52
株式会社partyfactory 特別利害関係者等 1,050,000 5.08
サンエイト2号投資事業有限責任組合 ベンチャーキャピタル(ファンド) 505,600 2.45
藤川真一 取締役 244,400 1.18

BASE(株)[4477]の業績動向(百万円)

決算期 売上高 経常利益 営業利益 純利益
(単体)2017・12 1,147 △1,261 △1,260 △1,268
(連結)2018・12 2,352 △798 △791 △854
(第2四半期累計)2019・6 1,687 △136 △136 △136

BASE(株)[4477]その他関連情報

調達資金使途
事業の拡大及び新機能開発に伴う人件費及び採用費、認知度向上及び顧客基盤拡大に係る広告宣伝費並びに本社オフィス増床に伴う費用に充当する予定。
事業詳細
Eコマースプラットフォーム「BASE」を提供するBASE事業を行う会社。連結子会社であるPAY株式会社では、クレジットカード決済によるオンライン決済サービス「PAY.JP」及びID決済サービス「PAYID」を提供するPAY事業を展開。また、同じく連結子会社であるBASEBANK株式会社では、「BASE」を利用するショップオーナーに対して事業資金を提供する、資金調達サービス「YELLBANK」を中心としたその他事業を展開している。

「BASE」を通じて、個人及びSMB層(SmallandMediumBusiness)をエンパワーメントすること、また、「PAY.JP」を通じて、スタートアップ企業を支援することに注力している。
メモ
当社、連結子会社であるPAY株式会社及びBASE BANK株式会社の計3社で構成。

【ロックアップ】
180日:鶴岡 裕太(代表取締役、436万株)、イーストベンチャーズ投資事業有限責任組合(ベンチャー、113万株)

90日または公開価格1.5倍:SBI Ventures Two株式会社(ベンチャー、166万株)、グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合(ベンチャー、159万株)、株式会社メルカリ(特別利害関係者、124万株)、株式会社partyfactory(特別利害関係者、105万株)

なし:グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合(ベンチャー、192万株)、株式会社サイバーエージェント(特別利害関係者、180万株)、株式会社丸井グループ(特別利害関係者、126万株)、Fin Techビジネスイノベーション投資事業有限責任組合(ベンチャー、124万株)
上位10株主を抜粋

上場時に行使期間入りとなっているSO(ストックオプション):70円で448,800株

OR(オファリング・レシオ):47.91%
想定価格:1,630円
吸収金額:150.18億円
時価総額:313.40億円
※吸収金額はOA分を含んで計算。

BASE(株)[4477]初値予想投稿

← 表を横にスライドすると残りの情報が確認できます。 →
上場日 コード 銘柄名 市場
2019/10/25 4477 BASE(株) マザ
主幹事 BB期間 仮条件 公開価格 初値 公開枚数 売買単位
大和 10/09-10/16 1,150-1,300円 10/17 8,311,500株 100株
  • 3倍以上
  • 2倍以上
  • +50%以上
  • +20%以上
  • +10%以上
  • +0%以上
  • 公募割れ

BASE(株)[4477]に対するみんなの初値予想

公募割れ
地合いの流れ次第かなーって気がします。今の地合いの感じだと割れそうかなー
テツ+0%以上
割れないに1票
はらだ+0%以上
ロンブーの田村淳さんが大株主みたいですね。まだ赤字で規模が大きいので厳しそうな気もしますが、赤字幅は縮小してますし話題性ありそうなのでどうにか公募割れは回避してほしいですね。
いらねー公募割れ
この状況で上場とかもはやVCと社長のEXITのためだけでは?
t+0%以上
知名度良し、ダウンロードコンテンツなどPIXIVのBOOTHと似たサービスもできる。
ただ、時価総額と売り上げなど見てみれば割高。メルカリと同じ系統か。
仮条件が強気なら参戦したい。弱気ならば参加しないだろうか。
難しいIPOであると感じる。
たかはし+0%以上
VC保有株が多く公募割れリスクもありそうなIPOですかね
割れるのでは?公募割れ
知名度と話題性はありそうだけど赤字でこの規模をこなせるのか疑問。