zuki のすべての投稿

【おすすめ】来年2020年に東京オリンピック開催を控え大化けする可能性を秘めた銘柄は?

日経平均株価、米中貿易摩擦への懸念後退などで強い相場が続き、先日13日は一時2万2000円台を回復しましたが、皆様は相場動向や株価の動きに影響してきそうな情報を日々しっかりとチェックし、上手く取引してこれていますでしょうか?

おじさんはいつもIPOに注目しながら株情報サイトが配信している銘柄情報をチェックしたりしているのですが、「新生ジャパン投資」という株情報サイトのパフォーマンスがなかなかというか結構凄いので、今日は改めて昨年推奨された銘柄の株価推移を振り返りつつ少しあれこれ書いてみたいと思います。

新生ジャパン投資」はラジオNIKKEI第1で株教室という番組を配信している前池英樹氏が代表を務めている株情報サイトで、

  • [朝刊]世界マーケット動向
  • [朝刊]本日の国内マーケット展望
  • [朝刊]本日のマーケットスケジュール
  • [朝刊]の無料推奨銘柄
  • [夕刊]本日の東京株式市場おさらい
  • [夕刊]本日注目銘柄の真相
  • [夕刊]注目のディーリング銘柄
  • [夕刊]マーケットアイズ
  • [夕刊]今夜の世界マーケット

などの株式関連情報を無料でチェックできるのですが、

4月26日 朝刊の無料推奨銘柄 ALBERT

↑昨年[4月26日(木)朝刊] で推奨されていたAI関連銘柄のALBERT(3906)は推奨日4月26日始値2,112円から11月29日高値16,730円で最大上昇率はナント+14,618円(+692.14%)となりました!

推奨日/始値 2018年04月26日/2,112円
高値日/高値 2018年11月29日/16,730円
最大上昇率 +14,618円(+692.14%)

めちゃくちゃ株価を上げたものですが推奨から7ヵ月ほどで株価はナント約7.9倍に!

100万円あればALBERT(3906)を2,112円で400株ほど買えたわけですが、

2,112円×400株=84万4800円が、

推奨後高値までで計算すると、

16,730円×400株=669万2000円となります。

新生ジャパン投資」の配信情報をチェックして2,100円台で買っていた人は、昨年ALBERT(3906)だけで結構資金を増やされていたりするのではないでしょうか?

サイト内でテリロジー(3356)の推奨内容なども掲載となってますが、テリロジー(3356)も年初来高値を10月4日高値1,954円まで更新と昨年だいぶ株価を上げ話題となった銘柄だと思います。

他にもアンジェス(4563)やUUUM(3990)なども紹介してきていますが、12月25日推奨のインスペック(6656)とかも短期で結構な上昇となりました。

昨年2018年は仮想通貨関連銘柄のオウケイウェイヴ(3808)でテンバガーを達成していますが、この辺の銘柄を安いところから買えてたかどうかで昨年2018年の収支はだいぶ違った結果となったのではないでしょうか。

新生ジャパン投資」はいま仮想通貨関連銘柄、AI関連銘柄などに続く「次なる大化け候補株1銘柄」を無料で教えてくれるみたいですが、株取引は年にいくつかある大化け銘柄に上手く乗れるかどうかで得れる利益がだいぶ違ってくると思うので、今年2019年このあと!株価2倍、3倍となるような大化け銘柄を上手く狙い資金を大きく増やしてみたい!と思われる人は、「新生ジャパン投資」のような当ててきているサイトがどんな銘柄情報を配信してきているか、試しにでも一度サイト内情報をチェックしてみることをおすすめします↓

新生ジャパン投資「次なる大化け候補株1銘柄」を無料で公開中(※サイト登録無料)⇒

↑無料推奨される銘柄は東京オリンピックを控え、ここから市場の話題になると予測される「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄のようです。

東京オリンピック開催はいよいよ来年2020年です。

分かりやすい材料を控え盛り上がりをみせてくる銘柄は確かにありそうですよね!

今時はネット上でだいぶ情報を集めやすくなった気がしますが、急騰株やテーマ株を上手く狙えている人と狙えていない人の違いは、結構こうした株情報サイトのサービスを上手く活用できているかどうかだったりするのではって気がしますね。

それでは皆様、投資はプロが相手なのを忘れずに、なんとなくでトレードして大損してしまわないように、情報を日々しっかり集め、慎重に後悔のないトレードを!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

【※必見※】テンバガー(10倍株)候補を無料で公開!

今日は物凄く期待値が高そうな銘柄情報を見つけたのでシェアしておきます!

あまり長々と話す必要性もないかと思うので単刀直入に書きますが、おじさんがオススメ株情報サイトで紹介している株マイスターがなんとテンバガー(10倍株)候補を無料で公開してます!

株マイ注目のテンバガー(10倍株)候補を“無料で”公開⇒

株マイスターはネット対応に特化した投資顧問の先駆けとして10年ほどの営業実績を持ち、昨年7月時点で累計アカウント数は15万件以上に及ぶサイトです。

利用者数が増えサイトで取り上げられた個別銘柄に短期資金が向かうケースも珍しくない印象ですが、これまで値幅狙いの銘柄も数多く紹介してきていて、過去にはブランジスタ(6176)が提供から最大で株価9.4倍、ペッパーフードサービスが最大で株価8.6倍など、数々の結果を残してきています。

そんな爆騰株を当てに当ててきている株マイスターが、10周年を記念してかテンバガー(10倍株)候補を無料で紹介しているので、これは無料で見れるうちに見ておいた方がいいと思います。

紹介されてる銘柄は上場からまだ5年も経っていない「若手企業」ですが、今でこそ日本を代表する企業のファーストリテイリング(9983)やソフトバンクグループ(9984)も、上場から5年以内にテンバガーまで成長しましたよね。

株マイスターは過去に株価10倍を達成した銘柄をはじめ、大相場を繰り広げた銘柄の傾向を分析し、テンバガー銘柄には必須である“4つの条件”を確認したようですが、その“4つの条件”“短期で動意づきが期待できる3銘柄”も無料で公開となっているので、まだ見ていない人は急いで確認した方がいいと思います↓

株マイ注目のテンバガー(10倍株)候補を“無料で”公開⇒

100万投資してれば1000万に!
200万投資してれば2000万に!
300万投資してれば3000万に!

株をやってる人なら誰しも“テンバガー(10倍株)銘柄に乗って爆益をゲットしてみたい!”と夢見たことあるかと思います。

Jトラストガンホー(3765)のような株価100倍超えは、そうあるものではないですが、テンバガー(10倍株)は2000年~2016年8月までの約17年間の間に、何と606銘柄もあったって皆様ご存知ですか?

アベノミクス相場の恩恵もあったかと思いますが、実に15.9%、市場の6銘柄のうち1銘柄は2000年以降で10倍以上になったようです。

昨年2018年はALBERT(3906)、エクストリーム(6033)、エムティジェネックス(9820)、地域新聞社(2164)、オウケイウェイヴ(3808)などが短期でテンバガーを達成していますが、テンバガー銘柄はほぼ毎年誕生しているのが現実です。

給料が上がらない…
もっとお金があれば…
金銭的な余裕が欲しい…
貯金がぜんぜん増えない…
老後資金を用意できるか心配…

人生お金があるかないかで選択肢の幅が色々と違ってくるかと思いますが、“お金の悩みを吹き飛ばしたい”“テンバガー銘柄で爆益をゲットして欲しかった時計や車を買いたい”“より贅沢な生活を送れるようになりたい”と思う人は、今回の大チャンスを見逃さないように、必ず確認してみることをおすすめします!↓

株マイ注目のテンバガー(10倍株)候補を“無料で”公開⇒

↑メールアドレスは「Gmail」や「Outlook」などで簡単に作れるので、株用のメールアドレスを作って配信登録しておくと、株関連情報を要領良く入手できてオススメですよ。

それでは皆様、期待値が高そうな銘柄情報をしっかり集め、日々慎重に後悔のないトレードを!

※上昇事例の一部を抜粋。その他の事例については「株マイスター」にてご確認下さい。

【IPO】レオクラン(7681)の仮条件が決定 初値予想募集

IPO】本日12日大引け後にレオクラン(7681)の仮条件が決定となってますね。

銘柄名(コード) レオクラン(7681)
市場 東2
主幹事 SMBC日興証券
事業内容 医療機関向けに医療機器及び医療設備を販売するメディカルトータルソリューション事業、医療用画像の遠隔診断を行う遠隔画像診断サービス事業、介護福祉施設向けに給食サービスを提供する給食事業
公募 163,000株
売出 260,000株
OA分 63,400株
想定価格 3,070円
仮条件 2,480-2,700円
吸収金額 最大で13.13億円ほど(※OA分を含んで計算)
BB期間 09/13-09/20
公開価格 09/24に決定
上場日 10/02
【IPO】レオクラン[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】レオクラン(7681)の仮条件は想定価格3,070円に対し2,480-2,700円で決定。

仮条件上限が想定価格から370円も下ブレと、だいぶ弱気の設定となってますが、当社の事業内容、経営成績及び財務状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力が高いと推定される機関投資家等の意見及び需要見通し、現在の株式市場の状況、最近の新規上場株の株式市場における評価並びに上場日までの期間における価格変動リスク等を総合的に検討し決定したようです。

吸収金額が最大で13.13億円ほど(OA分含む)となりますが、ややネガサ株なので枚数的にはそんなですかね。

東証2部銘柄にしては規模が小さめな印象。

売出は全株が代表取締役社長の保有株からで、大株主にはロックアップがきつめ(180日)に掛かってますね。

上場時に行使期間入りとなっているSO(ストックオプション)1,000円で35,600株ほど。

売り圧力への懸念はなさそうですかね。

OR(オファリング・レシオ)は25.00%ほど。

レオクラン(7681)は連結子会社5社とでグループ構成されていて、医療機器・医療設備・医療情報システムを販売する「メディカルトータルソリューション事業」、医療機関で撮影されたCTやMRI等の医用画像を遠隔で診断し、情報提供するサービスを行う「遠隔画像診断サービス事業」及び介護・福祉施設向け給食サービスを行う「給食事業」を行っている会社ですが、今期はいい感じに伸びて着地しそうですね。

業種は卸売業となるようですが、高齢化社会で需要がありそうな事業内容ですかね。

BB期間は明日13日(金)から来週20日(金)迄。

仮条件がだいぶ弱い設定となりましたが、大株主へのロックアップの掛かりが良く、需給面は悪くなさそうな気がするので、BBスタンスは積極参加の方向でと思っています。

詳細ページ下部にて、仮条件決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

しかしながら、IPOはほんとまず当選できるかどうかってところですよね…。

おじさんは当選すれば初値で利益を得る可能性が高そうなIPOや、株情報サイトが推奨する銘柄をチェックしたりしてますが、こういうクチコミサイトで評判がいいサイトが推奨する銘柄は、本当に評判がいいだけあって結構上がったりするので、まだチェックしてない人は無料登録からでもお勧めです。

≫急騰株・テーマ株を上手く狙いたい人におすすめ!!≪

↑タレントのボビー・オロゴン氏がイメージキャラクターをしているグラーツ投資顧問とか注目の銘柄情報をスピーディーかつリアルタイムに提供してくれて、提供銘柄が高いパフォーマンスをみせてきているので、まだ配信情報を見たことがないって人は試しにでもアドレス登録(無料)してサイト内情報をチェックしてみることをおすすめします。

グラーツ投資顧問から配信されたメールに推奨銘柄の推移などが記載されてたりしますが、無料・有料銘柄が続々と高騰してきています。

評判がいいところや、急騰株やテーマ株を当ててきているところは、上手く活用できれば資金力にもよりますが月20万~100万ぐらいはコンスタントに狙えるんじゃないかなと思います。

おじさんがオススメ株情報サイトに上げてるところは無料銘柄でも定期的に高いパフォーマンスを残している印象なので、期待値が高そうな銘柄を上手く狙っていきたいと思われる方はこちらもチェックしてみて下さい。
↓↓
≫期待値が高そうな銘柄を探したい人にオススメ≪

それでは皆様、期待値が高そうな銘柄情報にしっかりアンテナを張り、日々慎重に後悔のないトレードを!! \(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします(`・ω・´)

【IPO】パワーソリューションズ(4450)の仮条件が決定 初値予想募集

IPO】本日10日大引け後にパワーソリューションズ(4450)の仮条件が決定となってますね。

銘柄名(コード) パワーソリューションズ(4450)
市場 マザ
主幹事 大和証券
事業内容 金融機関に向けた業務コンサルティング・システムの受託開発・運用保守サービス及び業務のアウトソーシング受託、並びに法人に向けたRPAライセンスの販売及び導入サポート等
公募 285,700株
売出
OA分 42,800株
想定価格 1,870円
仮条件 1,870-2,000円
吸収金額 最大で6.57億円ほど(※OA分を含んで計算)
BB期間 09/12-09/19
公開価格 09/20に決定
上場日 10/01
【IPO】パワーソリューションズ[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】パワーソリューションズ(4450)の仮条件は想定価格を下限とし1,870-2,000円で決定。

仮条件上限が想定価格から130円上ブレと強気の設定となってますが、吸収金額が最大で6.57億円ほど(OA分含む)と軽量感があるIPOですね。

VC保有株は、みずほ成長支援投資事業有限責任組合の90,000株で、ロックアップは90日掛かってますが1.5倍で解除。

その他の上位大株主、合同会社未来企画、合同会社一誠堂、代表取締役の佐藤成信、取締役の兼子浩之、高橋忠郎、老川信二郎には解除条件がないロックアップが180日掛かってる感じですかね。

上場時に行使期間入りとなっているSO(ストックオプション)は見当たりませんし、売り圧力は気にしなくて良さそう。

OR(オファリング・レシオ)は24.81%ほど。

パワーソリューションズ(4450)は金融機関に向けた業務コンサルティン・システム受託開発・運用保守が主な事業内容で、複数の素ステムインテグレーター等の企業が提供する「多様な凡用サービスの統合」と「オーダーメイドの開発」を行い、「ラストワンマイルの業務プロセスを最適化」するビジネステクノロジーソリューションを展開している会社。

業績面はそんな大きく伸びてるって感じではないですが悪くはないかなって感じですかね。

IPO的にはマザーズ小型株でRPA関連という人気のテーマ性に絡み初値高騰が予想される銘柄ですかね。

BB期間は明後日12日(木)から来週19日(木)迄。

枚数的に当選はまず厳しいでしょうが、BBスタンスは積極参加の方向でと思っています。

詳細ページ下部にて、仮条件決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

しかしながら、IPOはほんとまず当選できるかどうかってところですよね…。

年にいくつ当選できるかって感じのIPOだけ見てるのもあれですし、やはりもう少し上場している銘柄を上手く狙い、資金力を増やさないとなって言うのがあるので、おじさんは上場銘柄も見るようにしています。

ツイッターなどでどういう人が当選しているか見れば分かると思いますが、100株しか申し込めない人と、99,900株申し込める人、どちらが当選しやすそうかってとこですね。

IPOはまず当選できないとって感じですが、いつも100株、200株ぐらいしか申し込めないって人は、少しでも資金余力を増やせるように、上場銘柄での取引を考えてみるなどしてみた方がいいと思います。

ただ、上場している銘柄は狙う地合いの影響など、タイミング次第ってところがあるので、その狙うタイミングが良さそうな銘柄を探すために、クチコミサイトで評判が良かったり、高い上昇事例を残してきてる株情報サイトをいくつか見るようにしています。

これまで色々と株情報サイトの配信情報を見てきてますが、高いパフォーマンスをみせてきているところをオススメ株情報サイトで書いているので、上場している銘柄を上手く狙って少しでも資金余力を増やしていきたいって思う人は見てみて下さい。

ここ最近は前に書いた投資の女神「向後はるみ」をストラテジー顧問に迎えている株エヴァンジェリストが配信している銘柄情報に注目したりしてますが、無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「極短期急騰候補株」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメ!

≫株エヴァンジェリストをチェックしてみる人はコチラより≪

↑今年2019年もユニゾHD(3258)、日本鋳鉄管(5612)、カルナバイオサイエンス
(4572)などで凄い上昇事例を残してきています。

あと、大和証券、すみれ証券OBで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも無料で色々とチェック出来たりで結構オススメです。

MT
話題の注目銘柄 最短即日で利益を狙える銘柄情報。
日米市況レポート 市場動向に関する情報。
金脈3銘柄情報 投資のプロが厳選した短期急騰を期待できる銘柄情報。
マスターズレポート MTスタッフによる急騰株予想や体験談など。
無料銘柄相談 保有中の銘柄や購入検討中の銘柄の売買タイミングなどについて相談できる。
➡️MT(上記サービスを無料でチェックできます)

株-1グランプリ最多優勝ホルダーの「向後はるみ」さんがストラテジー顧問の株エヴァンジェリストも、元証券マンで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも上場銘柄で上手く資金を増やしたいと思う人は、試しにでもサイト内で提供となっている銘柄情報をチェックしてみることをオススメ。

急騰株を当ててきているサイトは、利用者が資金を増やしているというのもあるからか、推奨銘柄に資金が向かいやすくなる傾向があると思います。

なので大きく外さないでいるうちは今後の配信情報も要チェックって感じでしょうか。

配信情報を見ている人の方が、見ていない人より早い段階で入れたりするのでは?って銘柄が結構ある気がします。

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、日々慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

【IPO】HPCシステムズ(6597)の仮条件が決定 初値予想募集

IPO】本日6日大引け後にHPCシステムズ(6597)の仮条件が決定となってますね。

銘柄名(コード) HPCシステムズ(6597)
市場 マザ
主幹事 SMBC日興証券
事業内容 科学・工学向け高性能コンピュータのソリューション提供
公募 50,000株
売出 2,731,400株
OA分 417,100株
想定価格 1,930円
仮条件 1,930-1,990円
吸収金額 最大で63.65億円ほど(※OA分を含んで計算)
BB期間 09/09-09/13
公開価格 09/17に決定
上場日 09/26
【IPO】HPCシステムズ[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】HPCシステムズ(6597)の仮条件は想定価格を下限とし1,930-1,990円で決定。

仮条件上限が想定価格から60円上ブレと強気の設定になり、吸収金額が最大で63.65億円ほど(OA分含む)とマザーズ銘柄にしてはやや規模感があるIPOですかね。

TKTH投資事業有限責任組合が3,050,500株保有してますが、そのうち2,731,400株が売り出され、残りの保有株には価格による解除条件がないロックアップが180日掛かってますね。

上位大株主の菱洋エレクトロ(株)、ナラサキ産業(株)、代表取締役の小野鉄平にも価格による解除条件がないロックアップが180日掛かってる感じですかね。

上場時に行使期間入りとなっているSO(ストックオプション)100円で214,000株ほど。

OR(オファリング・レシオ)は78.20%ほどと高め。

HPCシステムズ(6597)は大学・官公庁の公的研究開発機関や大手製造業などの企業が行う科学技術計算に対応した高性能計算機の開発・製造・販売を手掛け、研究開発の計算手法、計算能力等に応じて最適なクラスタシステムや並列ファイルシステムの提案及びインテグレーション、チューニング高速化サービス、HPCクラウドサービス、計算化学ソリューションと研究開発支援などを行っている会社ですが、直近の業績は堅調に推移してきてますね。

AI事業の取り組みとして、NVIDIAの技術・販売パートナー認定制度“NVIDIA Partner Network(NPN)”において、High Performance Computing(HPC)ならびにDeep LearningのELITE PARTNERに認定されており、NVIDIA社と連携し、ハイエンド向けの高性能コンピューティングハードウェア、サービスを提供しています。

BB期間は来週9日(月)から13日(金)迄。

個人的には今後が面白そうな会社だなという印象なので、マザーズにしては規模感があるIPOですが、BBスタンスは積極参加の方向でと思っています。

詳細ページ下部にて、仮条件決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

しかしながら、IPOはほんとまず当選できるかどうかってところですよね…。

おじさんは当選すれば初値で利益を得る可能性が高そうなIPOや、株情報サイトが推奨する銘柄をチェックしたりしてますが、こういうクチコミサイトで評判がいいサイトが推奨する銘柄は、本当に評判がいいだけあって結構上がったりするので、まだチェックしてない人は無料登録からでもお勧めです。

≫急騰株・テーマ株を上手く狙いたい人におすすめ!!≪

↑タレントのボビー・オロゴン氏がイメージキャラクターをしているグラーツ投資顧問とか注目の銘柄情報をスピーディーかつリアルタイムに提供してくれて、提供銘柄が高いパフォーマンスをみせてきているので、まだ配信情報を見たことがないって人は試しにでもアドレス登録(無料)してサイト内情報をチェックしてみることをおすすめします。

グラーツ投資顧問から配信されたメールに推奨銘柄の推移などが記載されてたりしますが、無料・有料銘柄が続々と高騰してきています。

評判がいいところや、急騰株やテーマ株を当ててきているところは、上手く活用できれば資金力にもよりますが月20万~100万ぐらいはコンスタントに狙えるんじゃないかなと思います。

おじさんがオススメ株情報サイトに上げてるところは無料銘柄でも定期的に高いパフォーマンスを残している印象なので、期待値が高そうな銘柄を上手く狙っていきたいと思われる方はこちらもチェックしてみて下さい。
↓↓
≫期待値が高そうな銘柄を探したい人にオススメ≪

それでは皆様、期待値が高そうな銘柄情報にしっかりアンテナを張り、日々慎重に後悔のないトレードを!! \(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします(`・ω・´)

◆IPOは抽選で取れるかどうかもありますが

人気化要素が揃っていて初値高騰が予想されるIPOは、申し込みが殺到し抽選倍率が高いので、なかなか当選できるものではありません。

IPOは宝くじ感覚で申し込まれている方が殆どかと思いますが、年に1回か2回当たるかどうかって感じの方が殆どじゃないでしょうか。

なのでIPOは抽選で取れるかどうかもありますが、“セカンダリーを上手く狙えるかどうか”ってところがあると思います。


カオナビ(4435)のチャート

今年に入ってからリート含め47銘柄が新規上場となりましたが、3月15日に上場となったカオナビ(4435)とか公開価格が1,980円で初値は3,970円でしたが、5月28日高値9,390円まで株価を上げています。

その他、セカンダリーで大きく株価を上げたのはリックソフト(4429)、グッドスピード(7676)、トビラシステムズ(4441)あたりでしょうか。


※リックソフト(4429)は公開価格4,000円に対し初値9,050円を付け、6月14日高値18,650円まで株価上昇。


※グッドスピード(7676)は公開価格1,400円に対し初値1,750円を付け、5月28日高値4,320円まで株価上昇。


※トビラシステムズ(4441)は公開価格2,400円に対し初値5,420円を付け、6月6日高値11,240円まで株価上昇。

直近だとユーピーアール(7065)やブシロード(7803)などもセカンダリーで株価をだいぶ上げてますね。


※ユーピーアール(7065)は公開価格3,300円に対し初値4,000円を付け、8月14日高値6,930円まで株価上昇。


※ブシロード(7803)は公開価格1,890円に対し初値2,204円を付け、8月27日高値3,250円まで株価上昇。

上記のような株価推移を見ると、上手くセカンダリーを狙えれば、短期で大きく手持ち資金を増やすことも可能だというのが分かるのではないでしょうか。

ただ、全てのIPOが初値からセカンダリーで株価を上げてくるわけではありません。

なのでセカンダリー投資はVCやSOなが多かったりしないかや、VCに掛かっているロックアップの状況、テーマ性、将来性などを色々としっかり調べ、想定より弱く下げてしまった際は早めにロスカットできるかどうかも大切だったりすると思います。

あと、IPOは初値形成後に公募組の利益確定売りに押され一旦下げ、売りが落ち着いてから上げてきたりするので、その辺の見極めも重要です。

セカンダリー投資は需要の見極めや入るタイミングが難しいところかと思いますが、“セカンダリーを狙いたいけどセカンダリーを狙えそうなIPOが分からない”“セカンダリーを上手く狙う自信がない”って人は、最近は株情報サイトが直近IPOに関する銘柄情報を配信していたりするので、そうした情報を参照してみるといいと思います。

カオナビ(4435)やユーピーアール(7065)はおじさんがオススメ株情報サイトで紹介している株マイスターが推奨していましたが、株マイスターの配信情報を参照されていた方は上手くセカンダリー投資で利益を得れていたりするんじゃないでしょうか。


カオナビ(4435)
提供日/終値:03月18日/3,505円
高値日/高値:05月28日/9,390円
09月05日終値:5,030円
最大上昇率:+5,885円(+167.90%)


ユーピーアール(7065)
提供日/終値:06月24日/3,635円
高値日/高値:08月14日/6,930円
09月05日終値:5,610円
最大上昇率:+3,295円(+90.64%)


今年セカンダリーで大きく株価を上げたIPOと言えばカオナビ(4435)を思い浮かべる人が多いのではって気がしますが、皆様はカオナビ(4435)に上手くセカンダリー投資をし利益を得れましたでしょうか?

カオナビ(4435)やユーピーアール(7065)など、セカンダリー狙いで買っておけば良かったと後悔されている方もいるんじゃないかと思いますが、最近は株情報サイトが直近IPOを取り上げることで物色が強まるというケースも珍しいことではないと思うので、少しでもセカンダリー投資の勝率を上げたいと思う方は、利用者が多そうな株情報サイトが配信している銘柄情報などを日頃からチェックしておくといいと思います。

株マイスター昨年7月時点で累計登録アカウント数は15万件以上に及ぶようですが、配信情報を見ている人が多いってことは、それだけ取り上げられた個別銘柄に短期資金が向かう可能性が高いのではって感じですよね。

業界長い老舗顧問なので、もう殆どの方が知ってるサイトかとは思いますが、株マイスターという株情報サイトを知らなかったという人は、今日からでもアドレス登録(無料)してサイト内情報をチェックしてみることをおすすめします↓

【おすすめ】怒涛の上昇事例をチェックしてみて下さい⇒

↑株業界のインフルエンサー的な株情報サイトだと思うので、株用のメールアドレスを登録しておくと、要領良く株に関する情報を入手できて、今後のパフォーマンスも変わってくるのではないかと思います。

IPOのセカンダリーや急騰株を上手く狙い資金を2倍、3倍と増やしていければ、余力をもってIPOに申し込めるようになるのではないでしょうか。

おじさんは個人的にオススメの株情報サイトを「オススメ株情報サイト」で紹介していますが、今時は「Gmail」や「Outlook」などでメールアドレスを簡単に作れるので、株用のアドレスを作って株情報サイトにいくつか配信登録しておくと、まとめて株関連情報を入手できたりするのでオススメですよ。

それでは皆様、期待値が高そうな銘柄情報をしっかり集め、日々慎重に後悔のないトレードを!

※上昇事例の一部を抜粋。その他の事例については「株マイスター」にてご確認下さい。

【IPO】Chatwork(4448)の仮条件が決定 初値予想募集

IPO】昨日3日大引け後にChatwork(4448)の仮条件が決定となってますね。

銘柄名(コード) Chatwork(4448)
市場 マザ
主幹事 大和証券
事業内容 ビジネスチャットツール「Chatwork」の開発・提供、セキュリティソフトウェア「ESET」の代理販売
公募 600,000株
売出 7,900,000株
OA分 1,275,000株
想定価格 1,605円
仮条件 1,440-1,600円
吸収金額 最大で156.40億円ほど(※OA分を含んで計算)
BB期間 09/05-09/11
公開価格 09/12に決定
上場日 09/24
【IPO】Chatwork[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】Chatwork(4448)の仮条件は想定価格1,605円に対し1,440-1,600円で決定。

仮条件上限が想定価格から5円下ブレと、やや弱気の設定となってますね。

マザーズ銘柄にしては吸収金額が大きいIPOですが、売出株式7,900,000株のうち一部は欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)の海外投資家に対し販売されることがあるとしているので、国内分だけだともう少し軽くなりそうな感じでしょうか。

国内販売株数及び海外販売株数の最終的な内訳は、本募集及び引受人の買取引受による売出しの需要状況等を勘案した上で、売出価格決定日(2019年9月12日)に決定されますが、海外販売株数は本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る株数の合計株数の半数未満となるようです。

VC推定保有株が4社で計7,800,000株と多いですが、上場時に4社とも半数を売り出す感じですかね。

残りの保有株に掛かっているロックアップは90日及び1.5倍以上で解除となっています。

上場時に行使期間入りとなっているSO(ストックオプション)は250円で3,972,000株、1,605円で12,000株と、そこそこある印象。

知名度が高そうな会社で事業内容もIPO的には良さそうですが、ちょっとこの売り圧力は気になるところですね。

OR(オファリング・レシオ)は26.70%ほど。

ChatworkはSaaS形式によりサービスを提供しており、有料プランについては利用者に応じた定額利用料金を受領する、サブスクリプション型課金モデルとなっているようですが、2018年12月期末時点での課金IDは339千名だったようですね。

売上を伸ばし今期は黒字化してきてますが、この業績で仮条件上限1,600円での時価総額585.60億円というのをどう捉えるかですかね。

知名度の高さや話題性はありそうなIPOですが、時価総額585.6億円の会社という評価が適切なのかどうかっていうのは現段階では難しそうな気もするような。

クラウド型の名刺管理サービスを行っているSansan(4443)とか赤字で吸収金額388.64億ほどで公開価格4,500円に対し初値4,760円を付けましたが、Sansan(4443)は売上が100億円を超えてきてますよね。

知名度の高さから公募割れとまではいかないかなと思ってましたが、仮条件がやや弱かったので公募割れリスクも考えた方が良さそうなIPOかもしれませんね。

BB期間は明日5日(木)から来週11日(水)迄。

まぁでもこれぐらいの規模じゃないとなかなか当選できないので、おじさんは今のところ参加の方向でと思っています。

詳細ページ下部にて、仮条件決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

しかしながら、IPOはほんとまず当選できるかどうかってところですよね…。

年にいくつ当選できるかって感じのIPOだけ見てるのもあれですし、やはりもう少し上場している銘柄を上手く狙い、資金力を増やさないとなって言うのがあるので、おじさんは上場銘柄も見るようにしています。

ツイッターなどでどういう人が当選しているか見れば分かると思いますが、100株しか申し込めない人と、99,900株申し込める人、どちらが当選しやすそうかってとこですね。

IPOはまず当選できないとって感じですが、いつも100株、200株ぐらいしか申し込めないって人は、少しでも資金余力を増やせるように、上場銘柄での取引を考えてみるなどしてみた方がいいと思います。

ただ、上場している銘柄は狙う地合いの影響など、タイミング次第ってところがあるので、その狙うタイミングが良さそうな銘柄を探すために、クチコミサイトで評判が良かったり、高い上昇事例を残してきてる株情報サイトをいくつか見るようにしています。

これまで色々と株情報サイトの配信情報を見てきてますが、高いパフォーマンスをみせてきているところをオススメ株情報サイトで書いているので、上場している銘柄を上手く狙って少しでも資金余力を増やしていきたいって思う人は見てみて下さい。

ここ最近は前に書いた投資の女神「向後はるみ」をストラテジー顧問に迎えている株エヴァンジェリストが配信している銘柄情報に注目したりしてますが、無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「極短期急騰候補株」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメ!

≫株エヴァンジェリストをチェックしてみる人はコチラより≪

↑今年2019年もユニゾHD(3258)、日本鋳鉄管(5612)、カルナバイオサイエンス
(4572)などで凄い上昇事例を残してきています。

あと、大和証券、すみれ証券OBで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも無料で色々とチェック出来たりで結構オススメです。

MT
話題の注目銘柄 最短即日で利益を狙える銘柄情報。
日米市況レポート 市場動向に関する情報。
金脈3銘柄情報 投資のプロが厳選した短期急騰を期待できる銘柄情報。
マスターズレポート MTスタッフによる急騰株予想や体験談など。
無料銘柄相談 保有中の銘柄や購入検討中の銘柄の売買タイミングなどについて相談できる。
➡️MT(上記サービスを無料でチェックできます)

株-1グランプリ最多優勝ホルダーの「向後はるみ」さんがストラテジー顧問の株エヴァンジェリストも、元証券マンで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも上場銘柄で上手く資金を増やしたいと思う人は、試しにでもサイト内で提供となっている銘柄情報をチェックしてみることをオススメ。

急騰株を当ててきているサイトは、利用者が資金を増やしているというのもあるからか、推奨銘柄に資金が向かいやすくなる傾向があると思います。

なので大きく外さないでいるうちは今後の配信情報も要チェックって感じでしょうか。

配信情報を見ている人の方が、見ていない人より早い段階で入れたりするのでは?って銘柄が結構ある気がします。

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、日々慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

【IPO】アミファ(7800)の仮条件が決定 初値予想募集

IPO】昨日29日大引け後にアミファ(7800)の仮条件が決定となってますね。

銘柄名(コード) アミファ(7800)
市場 JQS
主幹事 野村證券
事業内容 主にライフスタイル雑貨の企画・仕入・卸販売
公募 455,000株
売出 500,000株
OA分 143,200株
想定価格 620円
仮条件 620-660円
吸収金額 最大で7.24億円ほど(※OA分を含んで計算)
BB期間 09/02-09/06
公開価格 09/09に決定
上場日 09/19
【IPO】アミファ[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】アミファ(7800)の仮条件は想定価格を下限とし620-660円で決定。

やや強気の設定となってますが、吸収金額が最大で7.24億円ほど(※OA分を含む)と軽量感があるIPO。

VC保有株は見当たらず、上場時に行使期間入りとなっているSO(ストックオプション)は244円で15,000株ほどと気にならない程度。

上位大株主には価格による解除条件がないロックアップが90日掛かっていて、売り圧力は気にしなくて良さそう。

OR(オファリング・レシオ)は34.31%ほどとやや高め。

アミファ(7800)はギフトラッピング、デザイン文具、キッチン・テーブルウエア、フラワー関連商品などを中心としたライフスタイル雑貨の企画・製造仕入・卸販売を主要な内容として事業展開している会社。

販売先は国内の100円ショップを主としているようですが、28名(2019年7月31日現在)のデザイナーで年間約1,300アイテムの新商品を市場に投入しているというのは凄いですね。

自社工場を持たないファブレスメーカーで、海外生産を主力としているようですが、業績は商品の価格が安いのもあってかそんな大きく伸びていくって感じではなさそうですかね。

ヒット商品が出れば良さそうですが、ヒット商品が出なかったら業績が落ち込むということもありそうな感じでしょうか。

1973年設立とそこそこ歴史ある会社で、本店所在地は港区北青山二丁目となかなかいいところにありますね。

BB期間は来週2日(月)から6日(金)迄。

野村主幹事でこの規模はまず取れないと思いますが、仮条件の設定を見る限り、ある程度の需要を見込めていそうで、公募割れって感じのIPOではないので、BBスタンスは参加の方向でと思っています。

詳細ページ下部にて、仮条件決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

しかしながら、IPOはほんとまず当選できるかどうかってところですよね…。

年にいくつ当選できるかって感じのIPOだけ見てるのもあれですし、やはりもう少し上場している銘柄を上手く狙い、資金力を増やさないとなって言うのがあるので、おじさんは上場銘柄も見るようにしています。

ツイッターなどでどういう人が当選しているか見れば分かると思いますが、100株しか申し込めない人と、99,900株申し込める人、どちらが当選しやすそうかってとこですね。

IPOはまず当選できないとって感じですが、いつも100株、200株ぐらいしか申し込めないって人は、少しでも資金余力を増やせるように、上場銘柄での取引を考えてみるなどしてみた方がいいと思います。

ただ、上場している銘柄は狙う地合いの影響など、タイミング次第ってところがあるので、その狙うタイミングが良さそうな銘柄を探すために、クチコミサイトで評判が良かったり、高い上昇事例を残してきてる株情報サイトをいくつか見るようにしています。

これまで色々と株情報サイトの配信情報を見てきてますが、高いパフォーマンスをみせてきているところをオススメ株情報サイトで書いているので、上場している銘柄を上手く狙って少しでも資金余力を増やしていきたいって思う人は見てみて下さい。

ここ最近は前に書いた投資の女神「向後はるみ」をストラテジー顧問に迎えている株エヴァンジェリストが配信している銘柄情報に注目したりしてますが、無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「極短期急騰候補株」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメ!

≫株エヴァンジェリストをチェックしてみる人はコチラより≪

↑今年2019年もユニゾHD(3258)、日本鋳鉄管(5612)、カルナバイオサイエンス
(4572)などで凄い上昇事例を残してきています。

あと、大和証券、すみれ証券OBで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも無料で色々とチェック出来たりで結構オススメです。

MT
話題の注目銘柄 最短即日で利益を狙える銘柄情報。
日米市況レポート 市場動向に関する情報。
金脈3銘柄情報 投資のプロが厳選した短期急騰を期待できる銘柄情報。
マスターズレポート MTスタッフによる急騰株予想や体験談など。
無料銘柄相談 保有中の銘柄や購入検討中の銘柄の売買タイミングなどについて相談できる。
➡️MT(上記サービスを無料でチェックできます)

株-1グランプリ最多優勝ホルダーの「向後はるみ」さんがストラテジー顧問の株エヴァンジェリストも、元証券マンで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも上場銘柄で上手く資金を増やしたいと思う人は、試しにでもサイト内で提供となっている銘柄情報をチェックしてみることをオススメ。

急騰株を当ててきているサイトは、利用者が資金を増やしているというのもあるからか、推奨銘柄に資金が向かいやすくなる傾向があると思います。

なので大きく外さないでいるうちは今後の配信情報も要チェックって感じでしょうか。

配信情報を見ている人の方が、見ていない人より早い段階で入れたりするのでは?って銘柄が結構ある気がします。

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、日々慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

【IPO】9月は6銘柄が新規上場へ

【IPO】昨年9月のIPO数はリートなど含め14銘柄でしたが、今年は6銘柄のみとちょっと少ないですね。

上場日 銘柄名 市場 業種 吸収金額(億円) BB期間
9/12 ピー・ビーシステムズ 福Q 情報・通信業 3.28 08/26-08/30 詳細  
初値予想
9/19 アミファ JQS その他製品 6.80 09/02-09/06 詳細  
初値予想
9/19 サイバー・バズ マザ サービス業 13.67 09/03-09/09 詳細  
初値予想
9/20 ギフティ マザ 情報・通信業 63.11 09/03-09/09 詳細  
初値予想
9/24 Chatwork マザ 情報・通信業 156.88 09/05-09/11 詳細  
初値予想
9/26 HPCシステムズ マザ 電気機器 61.73 09/09-09/13 詳細  
初値予想

※吸収金額は想定価格でOA分を含んで計算。

9月のIPO、ピー・ビーシステムズ(4447)は上場する市場が福Qなのがあれですが面白そうですね。

アミファ(7800)はIPO的には少し事業内容が地味な印象。

サイバー・バズ(7069)は今時な感じの事業内容で業績もいいですがサービス業。

ギフティ(4449)、Chatwork(4448)、HPCシステムズ(6597)あたりは人気化要素ありそうですが吸収金額がやや大きめ。

9月のIPOは公募割れとまでいきそうなIPOはなさそうですかね。

各詳細ページ下部にて、皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

しかしながら、IPOはほんとまず当選できるかどうかってところですよね…。

年にいくつ当選できるかって感じのIPOだけ見てるのもあれですし、やはりもう少し上場している銘柄を上手く狙い、資金力を増やさないとなって言うのがあるので、おじさんは上場銘柄も見るようにしています。

ツイッターなどでどういう人が当選しているか見れば分かると思いますが、100株しか申し込めない人と、99,900株申し込める人、どちらが当選しやすそうかってとこですね。

IPOはまず当選できないとって感じですが、いつも100株、200株ぐらいしか申し込めないって人は、少しでも資金余力を増やせるように、上場銘柄での取引を考えてみるなどしてみた方がいいと思います。

ただ、上場している銘柄は狙う地合いの影響など、タイミング次第ってところがあるので、その狙うタイミングが良さそうな銘柄を探すために、クチコミサイトで評判が良かったり、高い上昇事例を残してきてる株情報サイトをいくつか見るようにしています。

これまで色々と株情報サイトの配信情報を見てきてますが、高いパフォーマンスをみせてきているところをオススメ株情報サイトで書いているので、上場している銘柄を上手く狙って少しでも資金余力を増やしていきたいって思う人は見てみて下さい。

ここ最近は前に書いた投資の女神「向後はるみ」をストラテジー顧問に迎えている株エヴァンジェリストが配信している銘柄情報に注目したりしてますが、無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「極短期急騰候補株」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメ!

≫株エヴァンジェリストをチェックしてみる人はコチラより≪

↑今年2019年もユニゾHD(3258)、日本鋳鉄管(5612)、カルナバイオサイエンス
(4572)などで凄い上昇事例を残してきています。

あと、大和証券、すみれ証券OBで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも無料で色々とチェック出来たりで結構オススメです。

MT
話題の注目銘柄 最短即日で利益を狙える銘柄情報。
日米市況レポート 市場動向に関する情報。
金脈3銘柄情報 投資のプロが厳選した短期急騰を期待できる銘柄情報。
マスターズレポート MTスタッフによる急騰株予想や体験談など。
無料銘柄相談 保有中の銘柄や購入検討中の銘柄の売買タイミングなどについて相談できる。
➡️MT(上記サービスを無料でチェックできます)

株-1グランプリ最多優勝ホルダーの「向後はるみ」さんがストラテジー顧問の株エヴァンジェリストも、元証券マンで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも上場銘柄で上手く資金を増やしたいと思う人は、試しにでもサイト内で提供となっている銘柄情報をチェックしてみることをオススメ。

急騰株を当ててきているサイトは、利用者が資金を増やしているというのもあるからか、推奨銘柄に資金が向かいやすくなる傾向があると思います。

なので大きく外さないでいるうちは今後の配信情報も要チェックって感じでしょうか。

配信情報を見ている人の方が、見ていない人より早い段階で入れたりするのでは?って銘柄が結構ある気がします。

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、日々慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

■IPO閑散期や注目するIPOがない時は?

【IPO】8月のIPOはステムリム(4599)1銘柄のみでしたが、9月12日に上場となるピー・ビーシステムズ(4447)までまだ少し期間が空きますね。

IPO閑散期、空白期間はどうしているか聞かれたりしますが、IPOがないときは株情報サイトが取り上げている個別銘柄の動きに注目したりしています。

おじさんはこれまで色々と株情報サイトの配信情報を見てきていますが、高いパフォーマンスをみせてきているところをオススメ株情報サイトで簡単にまとめているので、IPO閑散期、空白期間に上場銘柄を上手く狙って少しでも資金余力を増やしていきたいって思う人はチェックしてみて下さい。

タレントのボビーオロゴン氏がイメージキャラクターをしているグラーツ投資顧問とかカブ知恵代表の藤井英敏さんやフィナンシャルプランナーの横山利香さんなどがアドバイザーとして参戦しているサイトですが、優秀なアナリストが在籍しているからか上値余地を見込める銘柄をしっかりと分析し情報提供してきている印象があります↓

パークシャ(3993)はアルゴリズムライセンス事業を行っていて、特に、自然言語処理、画像認識、機械学習/深層学習技術を用いたアルゴリズムソリューションを各種ハードウエア端末(サーバ、スマートフォン、医療機器、各種IoT機器)向けに開発・提供を行っている会社です。

人工知能(AI)や自動運転など人気のテーマ性に絡み投資家から注目を集めてきている銘柄かと思いますが、チャートを見ると“ここで買えていれば”ってタイミングでグラーツ投資顧問が銘柄推奨しているのが分かるのではないでしょうか↓


パークシャ(3993)
推奨日/始値:2019年02月18日/4,610円
高値日/高値:2019年06月19日/7,280円
最大上昇率:+57.91%


パークシャ(3993)は株式分割を発表していて、グラーツ投資顧問の公開時株価は分割前の推奨日前日2月17日の終値かと思いますが、配信情報を見て買われていた方はネガサ株なので結構な利益を得れていたりするのではないでしょうか。

その他にも色々と当ててきてますが、メルカリ(4385)とかもトレンドが転換してきたタイミングで上手く推奨しています。

メルカリ(4385)は1月28日に推奨していましたが、こちらもチャートを見ると“ここで買えていれば”ってタイミングでグラーツ投資顧問が銘柄推奨しているのが分かるのではないでしょうか↓


メルカリ(4385)
推奨日/始値:2019年01月28日/2,352円
高値日/高値:2019年03月28日/3,545円
最大上昇率:+50.72%


直近は上値が重い株価推移となってますが、メルカリ(4385)もグラーツ投資顧問の配信情報を見て買われていた人は短期間でいい感じに利益を得れていたりするのではないでしょうか。

他にもMマート(4380)、ワークマン(7564)、エディア(3935)、ソルクシーズ(4284)、三井ハイテック(6966)などを急騰前に推奨してきてますが、短期急騰銘柄を数多く提供してきているので、まだ配信情報を見ていない人は、毎週提供されてる無料銘柄の推移からでも見てみた方がいいと思います。

百聞は一見に如かずと言いますが、実際に配信情報を見ると、実力の高さ、パフォーマンスの良さが分かるんじゃないかなと思います↓

【おすすめ株情報サイト グラーツ投資顧問⇒

※アドレス登録したら料金が発生するとかは一切ありません。無料で利用でき、今なら大本命銘柄も無料で入手できます。

※アドレス登録すると仮登録って形になります。仮登録後にメールが飛んでくるので、そのメールからもう一度リンクに飛ぶと本登録になります。

株取引は急騰株を上手く狙えればってところがあるかと思いますが、こうした銘柄情報をIPOに注目しながら上手く活用すると、毎月の収支もだいぶ違ってくるかと思います。

タレントのボビーオロゴンが広告塔に入ったこともあり、多くの投資家が既にチェックしている株情報サイトかと思いますが、IPO閑散期、空白期間に上場銘柄で上手く資金を増やしたいと思う人は、試しにでもサイト内で提供となっている銘柄情報をチェックしてみることをオススメします。

急騰株を当ててきているサイトは、利用者が資金を増やしているというのもあるからか、推奨銘柄に資金が向かいやすくなる傾向があると思います。

なので大きく外さないでいるうちは今後の配信情報も要チェックって感じでしょうか。

配信情報を見ている人の方が、見ていない人より早い段階で入れたりするのでは?って銘柄が結構ある気がします。

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、日々慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

■株で100万、200万と儲かる人、失敗し損する人


こんにちは!

おじさんは基本的にIPOに関することをいつもブログで書いてますが、株関連のブログ記事を書いていると、良く「株で上手く儲けるコツとかある?」とか、「失敗するリスクって結構あるの?」とか聞かれたりするので、今日は改めて少し株で儲かる人、失敗・損する人について書いてみたいと思います。

株で100万、200万と利益を得ている人もいれば、運用に失敗し大損したって人もたくさんいることでしょう。

では利益を得ている人と失敗している人とでは何が違うのか?

何で失敗してしまうのか?

人のふり見て我がふり直せじゃないですが、人の失敗から学ぶことは多いと思うので、いくつか挙げてみたいと思います。

株で失敗する人 1

株価を上げている材料とか何も分からないのに高値で飛びついてしまう人。

材料やチャートや割安感など、株価を上げている理由が何も分からないのにジャンピングキャッチしてしまうのは「投資」ではなく「ギャンブル」です。

飛びついて更に上げるケースもあるかもしれませんが、反落に巻き込まれ大きな損失を抱えることとなる可能性もあります。

「急騰株を逃したくない」「早く稼ぎたい」という欲が出て冷静なトレードが出来ない人は、株で失敗する人が多いように思います。

熱くならず、「まだ上値余地はありそうか」「調整で下げそうなタイミングではないか」冷静に考えトレードするようにしましょう。

株で失敗する人 2

リスク管理を出来ていない人。

「抵抗線」や「指示線」などを意識しない人、逆指値を入れない人やロスカット(損切)を出来ない人は株で失敗しやすい人だと思います。

25日移動平均線や75日移動平均線を割り、下降トレンドとなっているような銘柄をナンピンし続けるような人、いるのではないでしょうか。

「この銘柄は大丈夫」「いつか必ず上がる」と思っていたのに、気づいたら含み損が凄いことに…って人です。

塩漬け株ばかり増えるような人は、何%下げたらロスカットするなど、ポジションを取る際は予め決めておいた方が良いのではないかと思います。

株初心者の方など、ロスカットの大切さがいまいち分からないって人もいるかと思いますが、“そのうち上がる”“また上がる”という理由でどこまで下げるか分からないような銘柄をガチホする必要なんてありますか?長期じゃないなら一旦売ってまた上げだしたら買えばいいだけの話ですよね?

ジェイコム株大量誤発注事件で有名になった個人投資家「B・N・F(ビー・エヌ・エフ)」さんも“大事なのは損切りを早くすること”“一番大切なのが「売り時」”と話されてますね。

超大型株を選べば、普通は儲けられると思います。
あと、大事なのは損切りを早くすることでしょうか。
僕自身は、想定より下がった場合には、上がるまで待つことはせず、早めに損失を確定させています。

厳しい相場では、一番難しいけど、一番大切なのが「売り時」。これが分からないから、傷口を広げてしまう

株で失敗する人 3

買い煽りなどに乗せられて買ってしまう人。

ツイッターなどで有名な人がつぶやいた銘柄にはイナゴトレーダーが群がったりで、一時的に急騰したりしますが、煽り屋の言葉を鵜呑みにしてはいけませんし、簡単に信用するものではありません。

投資判断は自己責任で行うものであり、リスクが分かっている人はいいかもしれませんが、はめ込まれる可能性を頭に入れておくべきでしょう。

なんだか最近ツイッター情報などを盲信してポジショントークを鵜呑みにして損失をかぶっている人が増えている気がします。

煽り屋に限らず、誰しも自分の利益が最優先であり、「上げたら売り逃げる人」が殆どなので、カモにならないように気を付けましょう。

ツイッターでなんで銘柄情報を配信しているのか?少し考えれば分かると思いますが、イナゴに買わせて高値で売るためだと分からないお人よしは、きっとそのうち痛い目をみることになるでしょう。

いくつか失敗する人の特徴と思われる点を書いてみましたが、資産が減っていっているって人は運用方法に何か問題があるのではと思われるので、注意が必要でしょう。

ただ、株での失敗は単純な話で、失敗したって人は大抵が“高値で買ってしまった人”“投機的な投資をしてしまった人”“ギャンブル的な投資をしてしまった人”って感じではないでしょうか。

世界的に著名な投資家であるウォーレン・バフェットの名言に“株式を買う理由のもっともバカげているのは、値上がりしてから買うというやつです”というのがありますが、株で失敗したくなければ急騰株に欲を出して飛びつくものではないと思います。

例えば上の画像は1月21日高値12,730円まで株価を上げたしたサンバイオ(4592)のチャートですが、リスクを考えず高値付近でジャンピングキャッチしていたら、結構な損失となっていたのではというのが分かるのではないでしょうか。

急騰株は初動から入ることが出来ればって魅力がありますが、リスクを理解せずに高値で買うのは投資というか投機に近いですよね。

つまり、株で大きなを失敗しないようにするには、“リスクを考えず欲にまみれた投資をしてしまわないこと”が大切って感じですかね。

そして、株で上手く利益を出し成功したいと思うなら、何も分からないままに急騰株に飛びつくとかではなく、しっかりと利益を出している人、成功している人から学んだり、真似してみたりするのが大切だと思います。

おじさんは業界で著名な人が顔を出していたり、業界長い株情報サイトが配信している銘柄情報になるべく目を通すようにしていますが、なぜそうした株情報サイトが配信している銘柄情報を見るようにしているかというと、株業界でキャリアを積んだ人が配信する情報は勉強になったりしますし、株価を上げてる理由や材料がいち早く分かったりするからです。

実際にこれまで急騰株を早い段階で取り上げてきている印象の株情報サイトをオススメ株情報サイトで書いたりしていますが、失敗しないように早い段階で買いたい、期待値が高そうな銘柄で上手くトレードしたいって人は試しにでも急騰株を当ててきている株情報サイトの配信情報などをいくつか見てみることをお勧めします。


➡️【おすすめ】グラーツ投資顧問(サイト登録無料)
【購入目安】【目標値】【ロスカット】などの明記がしっかりとあるので、いくらぐらいで入っていくらぐらいまで上値を狙えば良いのか?と悩まれたりする人や、株初心者に良さそうな株情報サイト。カブ知恵代表を務めている「藤井英敏」さんなどがアドバイザーとして参戦していて、“情報力”“分析力”が凄そう。これまで急騰株を結構早い段階で推奨してきている印象ですが、当てているサイトは利用者が増えていく傾向にあると思うので、今後配信される銘柄情報も投資家の関心が向かいやすくなっていくのではないかと思われます。

➡️【おすすめ】新生ジャパン投資(サイト登録無料)
ラジオNIKKEIで株教室って番組を持ってる「前池英樹」さんが代表の株情報サイト。徳間書店から毎年出てる投資カレンダーで知られる「大岩川源太」さんが社員のようですが、知名度が高い人が配信する情報は投資家の関心を集めやすい印象なので、サイト内で取り上げられる個別株などは要チェックだと思います。無料登録してサイト内の提供情報一覧をのぞいてみると分かると思いますが、本当にしっかりとした内容で「世界マーケット動向」や「国内マーケット動向」や「無料推奨銘柄」などが書かれています。推奨されてから高値までで株価2倍を超える推移も珍しくなく、配信情報を見ていた人と、見ていなかった人とでは狙う銘柄の幅がだいぶ違ってくるのではって気がします。

➡️【おすすめ】株エヴァンジェリスト(サイト登録無料)
株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝の、投資の女神「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎え急騰候補株を無料で配信しているサイト。全国でセミナー講演を行っていたり、15年12月からフィスコリサーチレポーターをしていたりと、幅広く活動されている印象ですが、そんな美人なだけでなく急騰株を当ててきている「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えているサイトとなると、これは配信情報をチェックするしかないって感じではないでしょうか。無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「無料特選銘柄」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメします。

株業界で著名な人が顔を出していたり、無料サービスが充実していたり、無料で銘柄相談できたりするサイトをいくつかあげてみましたが、こうした株情報サイトが配信している情報を日頃からチェックしておくことで投資の幅が広がったり良さそうな銘柄に早い段階で気づけるようになったりすると思います。

今時は「Gmail」や「Outlook」などでメールアドレスを簡単に作れるので、株用のメールアドレスを作って配信登録しておくと、まとめて株関連情報を入手できたりするのでオススメです。

おじさんはIPOをチェックしながら、株情報サイトが推奨する銘柄を見たりしていますが、株で失敗しないようにするには、“期待値が高そうな情報を要領良く集める”のが本当に大切だと思います。

ネット化が進み情報の流れがどんどん早くなっている印象ですが、乗り遅れて高値掴みしてしまった!みたいなしくじりをしないように、張るべきアンテナはしっかり張っていきたいですね!

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、日々慎重に後悔のないトレードを!

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

【IPO】ピー・ビーシステムズ(4447)の仮条件が決定 初値予想募集

IPO】本日22日大引け後にピー・ビーシステムズ(4447)の仮条件が決定となってますね。

銘柄名(コード) ピー・ビーシステムズ(4447)
市場 福Q
主幹事 エイチ・エス証券
事業内容 企業の基幹システムをクラウド化する「セキュアクラウドシステム事業 」、 VRシアター4D王の製造販売を行う「エモーショナルシステム事業」
公募 150,000株
売出 60,000株
OA分 30,000株
想定価格 1,370円
仮条件 1,280-1,380円
吸収金額 最大で3.31億円ほど(※OA分を含んで計算)
BB期間 08/26-08/30
公開価格 09/02に決定
上場日 09/12
【IPO】ピー・ビーシステムズ[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】ピー・ビーシステムズ(4447)の仮条件は想定価格1,370円に対し1,280-1,380円で決定。

吸収金額が最大で3.31億円ほど(※OA分を含んで計算)と軽量感があるIPOですが、福岡証券取引所Q-Boardに上場となる銘柄ですね。

福証Qボードと言えば東証マザーズにも上場することとなったLib Work(1431)が短期急騰となりましたが、ピー・ビーシステムズ(4447)も代表取締役社長の冨田和久さんが東京生まれで、奥さんの親の関係で福岡にUターンすることとなったという経緯がある方のようなので、そのうち東証にも上場するのではという期待感がありそうな感じですかね。

VC推定保有株が計58,000株ほどで、ロックアップは1.5倍で解除。

上場時に行使期間入りとなっているSO(ストックオプション)は150円で99,400株、504円で182,800株とややある印象。

OR(オファリング・レシオ)は18.33%ほど。

ピー・ビーシステムズ(4447)は企業の基幹システムをクラウド化する「セキュアクラウドシステム事業」と、特殊な映像技術を用いて空間を仮想化する「エモーショナルシステム事業」の2つのセグメントで構成されている会社ですが、空間を仮想化する特殊な映像技術は新たな市場を更に開拓してきたら面白そうですね。

業績面に関しては第22期(2018年9月期)が落ち込み赤字となってますが、今期は戻してるのでそこまで懸念視する感じでもなさそうですかね。

BB期間は来週26日(月)から30日(金)迄。

枚数的に当選はまず厳しいでしょうが、そこそこ高い初値が予想されるIPOだと思うので、BBスタンスは積極参加の方向でと思っています。

詳細ページ下部にて、仮条件決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

しかしながら、IPOはほんとまず当選できるかどうかってところですよね…。

おじさんは当選すれば初値で利益を得る可能性が高そうなIPOや、株情報サイトが推奨する銘柄をチェックしたりしてますが、こういうクチコミサイトで評判がいいサイトが推奨する銘柄は、本当に評判がいいだけあって結構上がったりするので、まだチェックしてない人は無料登録からでもお勧めです。

≫急騰株・テーマ株を上手く狙いたい人におすすめ!!≪

↑タレントのボビー・オロゴン氏がイメージキャラクターをしているグラーツ投資顧問とか注目の銘柄情報をスピーディーかつリアルタイムに提供してくれて、提供銘柄が高いパフォーマンスをみせてきているので、まだ配信情報を見たことがないって人は試しにでもアドレス登録(無料)してサイト内情報をチェックしてみることをおすすめします。

グラーツ投資顧問から配信されたメールに推奨銘柄の推移などが記載されてたりしますが、無料・有料銘柄が続々と高騰してきています。

評判がいいところや、急騰株やテーマ株を当ててきているところは、上手く活用できれば資金力にもよりますが月20万~100万ぐらいはコンスタントに狙えるんじゃないかなと思います。

おじさんがオススメ株情報サイトに上げてるところは無料銘柄でも定期的に高いパフォーマンスを残している印象なので、期待値が高そうな銘柄を上手く狙っていきたいと思われる方はこちらもチェックしてみて下さい。
↓↓
≫期待値が高そうな銘柄を探したい人にオススメ≪

それでは皆様、期待値が高そうな銘柄情報にしっかりアンテナを張り、日々慎重に後悔のないトレードを!! \(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします(`・ω・´)