【IPO 初値予想】Delta-Fly Pharma[4598]

← 表を横にスライドすると残りの情報が確認できます。 →
上場日 コード 銘柄名 市場
2018/10/12 4598 Delta-Fly Pharma(株) マザ
主幹事 BB期間 仮条件 公開価格 初値 公開枚数 売買単位
みずほ 09/25-10/01 4,570-4,770円 4,770円 4,385円 805,000株 100株
【IPO 初値予想】Delta-Fly Pharma[4598]
代表者名 江島 淸
所在地 徳島県徳島市川内町宮島錦野37番地の5
設立年 2010年
資本金 1,117,500,000円(09/05現在)
従業員数 11人(07/31現在)
株主数 19人(08/31現在)
業種 医薬品
事業内容 医薬品等の研究開発、製造、販売
ホームページ http://www.delta-flypharma.co.jp/

Delta-Fly Pharma(株)[4598]のIPO基本情報

公募 700,000株
売出 0株
O.A.分 105,000株
上場時発行済み株数 4,305,000株(公募分を含む)
申込期間 10/03-10/09
払込期日 10/11

Delta-Fly Pharma(株)[4598]の取り扱い証券会社と引受割合

シンジケート 証券会社名 割当数(株) 割当(%) 電話番号
主幹事証券 みずほ証券 602,000 86.00 03-5208-3210
引受証券 SMBC日興証券 35,000 5.00 03-5644-3111
引受証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 21,000 3.00 03-6213-8500
引受証券 SBI証券 7,000 1.00 03-5562-7210
引受証券 いちよし証券 7,000 1.00 03-3555-6210
引受証券 エース証券 7,000 1.00 06-6267-2111
引受証券 岩井コスモ証券 7,000 1.00 06-6229-2890
引受証券 藍澤證券 7,000 1.00 03-3272-3118
引受証券 香川証券 7,000 1.00 03-5550-8125

Delta-Fly Pharma(株)[4598]の大株主

株主名 概要 保有数(株) 割合(%)
江島 淸 代表取締役社長 775,000 20.64
京大ベンチャーNVCC1号投資事業有限責任組合 ベンチャーキャピタル(ファンド) 770,000 20.51
(株)ヤクルト本社 特別利害関係者等 437,500 11.65
三菱UFJキャピタル3号投資事業有限責任組合 ベンチャーキャピタル(ファンド) 225,000 5.99
イノベーション・エンジン三号投資事業有限責任組合 ベンチャーキャピタル(ファンド) 192,500 5.13
ニッセイ・キャピタル6号投資事業有限責任組合 ベンチャーキャピタル(ファンド) 150,000 3.99
三洋化成工業(株) 特別利害関係者等 150,000 3.99
ニッセイ・キャピタル4号投資事業有限責任組合 ベンチャーキャピタル(ファンド) 125,000 3.33
ディーアイティー・パートナーズ(株) 特別利害関係者等 125,000 3.33
みずほ成長支援投資事業有限責任組合 ベンチャーキャピタル(ファンド) 100,000 2.66

Delta-Fly Pharma(株)[4598]の業績動向(百万円)

決算期 売上高 経常利益 営業利益 純利益
(単体) 2017・3 902 323 328 305
(単体) 2018・3 150 △244 △243 △246
(直近四半期単体) 2018・6 - △104 △105 △105

Delta-Fly Pharma(株)[4598]その他関連情報

調達資金使途
平成31年3月期より平成33年3月期における開発パイプラインDFP-10917、DFP-11207、DFP-14927及びその他のパイプラインの研究開発費、人件費及び経費にそれぞれ充当する予定。
事業詳細
当社の開発品

■開発品(投与方法):
DFP-10917(持続静注)
作用機序:
がん細胞周期調節作用
開発段階(開発地域):
第III相試験準備中(米国)
第I相試験準備中(日本) ※日本新薬(株)と提携
対象疾患:
難治性・再発
急性骨髄性白血病

■開発品(投与方法):
DFP-14323(経口)
作用機序:
がん免疫機能調整作用
開発段階(開発地域):
第II相試験中(日本) ※協和化学工業(株)と提携
対象疾患:
肺がん等

■開発品(投与方法):
DFP-11207(経口)
作用機序:
がん細胞代謝調節作用
開発段階(開発地域):
第II相試験準備中(米国)
対象疾患:
固形がん(膵がん等)

■開発品(投与方法):
DFP-14927(静注)
作用機序:
抗がん剤高分子デリバリー
開発段階(開発地域):
第I相試験準備中(米国)
対象疾患:
固形がん・血液がん

■開発品(投与方法):
DFP-10825(腹腔内)
作用機序:
核酸医薬デリバリー
開発段階(開発地域):
前臨床試験中(-)
対象疾患:
腹膜播種転移がん(胃がん・卵巣がん)
メモ
VC推定保有株計:1,787,500株(ロックアップ:90日及び1.5倍以上)
上場時に行使期間入りとなっているSO(ストックオプション):800円で150,000株。

OR(オファリング・レシオ):18.69%
想定価格:4,670円
吸収金額:37.59億円
時価総額:201.04億円
※吸収金額はOA分を含んで計算。

Delta-Fly Pharma(株)[4598]初値予想投稿

← 表を横にスライドすると残りの情報が確認できます。 →
上場日 コード 銘柄名 市場
2018/10/12 4598 Delta-Fly Pharma(株) マザ
主幹事 BB期間 仮条件 公開価格 初値 公開枚数 売買単位
みずほ 09/25-10/01 4,570-4,770円 4,770円 4,385円 805,000株 100株
  • 3倍以上
  • 2倍以上
  • +50%以上
  • +20%以上
  • +10%以上
  • +0%以上
  • 公募割れ

Delta-Fly Pharma(株)[4598]に対するみんなの初値予想

たかし公募割れ
不人気の赤字バイオ銘柄、想定価格も値がさであり公募割れはいたしかたないでしょう。
クウ公募割れ
バク以下。いい夢を食いたいが、まずくて食えない。
バンタム+10%以上
すい臓癌をターゲットにしている、抗がん剤に挑戦しているということは、自信がある程度はあるのだと思います。現状、ジェムザールと経口のTS-1だけで、ステージ4bまで進行したすい臓癌には、肝臓などの転移癌を消滅させない限り、外科的療法が選択出来ず、助かる見込みは少ないです。すい臓癌に対する抗がん剤の新薬開発は絶対必要と考えます。
良樹+10%以上
厳しいとは思いますが、分野こそ違いますが、同じ癌関連にてノーベル賞受賞の好影響で公募割れはないと思います。また、過去の公募割れバイオIPOで、売り出し株数0はなかったと思います。値がさ株の分、株数は少ないですし、この株を初値売りを目当てにBBする投資家は少ないと思います。VCが売りたい案件では、ロックアップは基本付けません。再上場案件と比較されたのだと思います。買いはあまり入らないと思いますが、売りもコンセンサスよりも少なく、公募価格を5%程度は上回るものと想定しています。
ぼく公募割れ
よくこんな株買うわw
 
①公募割れが常態化している無配の赤字バイオ
②本社が徳島県のド田舎
③社員11人の平均年齢53~54歳
④株主の大半が、売りたくてウズウズしているVC
⑤公募価格4770円はどう見ても高すぎ
⑥マザーズにしては大型案件
⑦同じ日に高値期待のイーソルが上場し、資金が分散

徳島出身者としても、恥ずかしい限り
いのうえ+20%以上
ネガサ株でおもしろそうな気がする
キング+10%以上
仮条件がそんな弱くなかったし割れはないような?
もり公募割れ
おなじくちょっと高い気がする。赤字バイオ株でリスクありそうだからスルーしようかな・・
ara公募割れ
ちょっと高すぎない?
地合い悪いと普通に割れそう。
+0%以上
おもしろそうな気もするけど、ちょっとこわい気もするやーつですねw
ぱっぱ+20%以上
ネガサ株でリスクありそうだけどVCのロックアップは1.5倍で解除だから初値は少しは期待できそう?
とも+0%以上
抗がん剤を開発している会社?赤字バイオ株でやや重めで大株主はVC多め。初値はそんな上がらないのではって気がするが、期待されてる有力バイオベンチャーとかだったりするのかな?