【IPO】ジャパンミート(3539) 公募割れを回避 1,040円で初値形成

ジャパンミート(3539)
3539 ジャパンミート[東2]
公開価格:1,010円
初値  :1,040円《公開価格比+ 30(+2.97%)》
安値  : 995円
高値  :1,118円《公開価格比+108(+10.69%)》
終値  :1,112円《公開価格比+102(+10.09%)》
出来高 :3,008,800株
売買代金:3,141,548千円

ジャパンミート(3539)が今日21日に東証2部市場へ新規上場となりましたが、公募価格1,010円から30円高い1,040円(09:00)で初値形成となりましたね。

寄りつき後安値995円(09:20)まで下げるも、後場に入り物色が強まり高値1,118円(14:58)まで上昇、終値1,112円にて上場初日の取引を終えています。

公募・売出株式数を大幅に減らしていなかったら…って感じですが、地合が悪かったら公募割れを回避出来ていただろうか…って気もしますね。

このあと5月はIPOがなく、今のところ6月2日にインフラ市場1発目となるタカラレーベン・インフラ投資法人(9281)の上場を控えているだけなので、ジャパンミート(3539)がジリジリ上げてくるってこともあるかもしれませんね。

買ってる人は短期急騰狙いというより中長期的な上昇を期待してるのではって気がします。

■今後の上場予定
●06/02上場予定:【IPO】タカラレーベン・インフラ投資法人[詳細情報・初値予想]⇒

今後上場予定のIPO詳細ページを随時作成致しておりますので、皆様の初値予想を詳細ページ下部にてご投稿願えましたら幸いです。

それでは皆様、情報をしっかり集め、明日も慎重に後悔のないトレードを!!

≫情報収集にオススメの株情報サイト≪

下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。


※注目の短期沸騰銘柄を知りたい方は1日1回クリックをお願いします!

コメントを残す