タグ別アーカイブ: Sansan

【IPO】Chatwork(4448)の仮条件が決定 初値予想募集

IPO】昨日3日大引け後にChatwork(4448)の仮条件が決定となってますね。

銘柄名(コード) Chatwork(4448)
市場 マザ
主幹事 大和証券
事業内容 ビジネスチャットツール「Chatwork」の開発・提供、セキュリティソフトウェア「ESET」の代理販売
公募 600,000株
売出 7,900,000株
OA分 1,275,000株
想定価格 1,605円
仮条件 1,440-1,600円
吸収金額 最大で156.40億円ほど(※OA分を含んで計算)
BB期間 09/05-09/11
公開価格 09/12に決定
上場日 09/24
【IPO】Chatwork[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】Chatwork(4448)の仮条件は想定価格1,605円に対し1,440-1,600円で決定。

仮条件上限が想定価格から5円下ブレと、やや弱気の設定となってますね。

マザーズ銘柄にしては吸収金額が大きいIPOですが、売出株式7,900,000株のうち一部は欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)の海外投資家に対し販売されることがあるとしているので、国内分だけだともう少し軽くなりそうな感じでしょうか。

国内販売株数及び海外販売株数の最終的な内訳は、本募集及び引受人の買取引受による売出しの需要状況等を勘案した上で、売出価格決定日(2019年9月12日)に決定されますが、海外販売株数は本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る株数の合計株数の半数未満となるようです。

VC推定保有株が4社で計7,800,000株と多いですが、上場時に4社とも半数を売り出す感じですかね。

残りの保有株に掛かっているロックアップは90日及び1.5倍以上で解除となっています。

上場時に行使期間入りとなっているSO(ストックオプション)は250円で3,972,000株、1,605円で12,000株と、そこそこある印象。

知名度が高そうな会社で事業内容もIPO的には良さそうですが、ちょっとこの売り圧力は気になるところですね。

OR(オファリング・レシオ)は26.70%ほど。

ChatworkはSaaS形式によりサービスを提供しており、有料プランについては利用者に応じた定額利用料金を受領する、サブスクリプション型課金モデルとなっているようですが、2018年12月期末時点での課金IDは339千名だったようですね。

売上を伸ばし今期は黒字化してきてますが、この業績で仮条件上限1,600円での時価総額585.60億円というのをどう捉えるかですかね。

知名度の高さや話題性はありそうなIPOですが、時価総額585.6億円の会社という評価が適切なのかどうかっていうのは現段階では難しそうな気もするような。

クラウド型の名刺管理サービスを行っているSansan(4443)とか赤字で吸収金額388.64億ほどで公開価格4,500円に対し初値4,760円を付けましたが、Sansan(4443)は売上が100億円を超えてきてますよね。

知名度の高さから公募割れとまではいかないかなと思ってましたが、仮条件がやや弱かったので公募割れリスクも考えた方が良さそうなIPOかもしれませんね。

BB期間は明日5日(木)から来週11日(水)迄。

まぁでもこれぐらいの規模じゃないとなかなか当選できないので、おじさんは今のところ参加の方向でと思っています。

詳細ページ下部にて、仮条件決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

しかしながら、IPOはほんとまず当選できるかどうかってところですよね…。

年にいくつ当選できるかって感じのIPOだけ見てるのもあれですし、やはりもう少し上場している銘柄を上手く狙い、資金力を増やさないとなって言うのがあるので、おじさんは上場銘柄も見るようにしています。

ツイッターなどでどういう人が当選しているか見れば分かると思いますが、100株しか申し込めない人と、99,900株申し込める人、どちらが当選しやすそうかってとこですね。

IPOはまず当選できないとって感じですが、いつも100株、200株ぐらいしか申し込めないって人は、少しでも資金余力を増やせるように、上場銘柄での取引を考えてみるなどしてみた方がいいと思います。

ただ、上場している銘柄は狙う地合いの影響など、タイミング次第ってところがあるので、その狙うタイミングが良さそうな銘柄を探すために、クチコミサイトで評判が良かったり、高い上昇事例を残してきてる株情報サイトをいくつか見るようにしています。

これまで色々と株情報サイトの配信情報を見てきてますが、高いパフォーマンスをみせてきているところをオススメ株情報サイトで書いているので、上場している銘柄を上手く狙って少しでも資金余力を増やしていきたいって思う人は見てみて下さい。

ここ最近は前に書いた投資の女神「向後はるみ」をストラテジー顧問に迎えている株エヴァンジェリストが配信している銘柄情報に注目したりしてますが、無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「極短期急騰候補株」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメ!

≫株エヴァンジェリストをチェックしてみる人はコチラより≪

↑今年2019年もユニゾHD(3258)、日本鋳鉄管(5612)、カルナバイオサイエンス
(4572)などで凄い上昇事例を残してきています。

あと、大和証券、すみれ証券OBで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも無料で色々とチェック出来たりで結構オススメです。

MT
話題の注目銘柄 最短即日で利益を狙える銘柄情報。
日米市況レポート 市場動向に関する情報。
金脈3銘柄情報 投資のプロが厳選した短期急騰を期待できる銘柄情報。
マスターズレポート MTスタッフによる急騰株予想や体験談など。
無料銘柄相談 保有中の銘柄や購入検討中の銘柄の売買タイミングなどについて相談できる。
➡️MT(上記サービスを無料でチェックできます)

株-1グランプリ最多優勝ホルダーの「向後はるみ」さんがストラテジー顧問の株エヴァンジェリストも、元証券マンで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも上場銘柄で上手く資金を増やしたいと思う人は、試しにでもサイト内で提供となっている銘柄情報をチェックしてみることをオススメ。

急騰株を当ててきているサイトは、利用者が資金を増やしているというのもあるからか、推奨銘柄に資金が向かいやすくなる傾向があると思います。

なので大きく外さないでいるうちは今後の配信情報も要チェックって感じでしょうか。

配信情報を見ている人の方が、見ていない人より早い段階で入れたりするのでは?って銘柄が結構ある気がします。

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、日々慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

【IPO】セカンダリ投資で上手く利益を出せていない人にオススメ!

何気にSansan(4443)がセカンダリで強い動きをしてきていますが、Sansanは発行価格4,500円から1.5倍となる6,750円でロックアップが解除となるVC保有株が結構ありますね。

大人の事情が色々と交錯してるのかなって感じですが、Sansan(4443)の時価総額1,801.93億円がミクシィ(2121)の時価総額1,728.90億円を超えてきてのかと思うと、今の株価水準で入るのはなかなかリスクが高いのではって気がしてしまいますね。

明日上場するフィードフォース(7068)とか吸収金額が軽く面白そうですが、初値が高そうなので、入るタイミングには気を付けたい感じですかね。

IPOはなかなか抽選で取れるものではないので、IPO投資をされている方はセカンダリにも注目されてたりするかと思いますが、セカンダリを狙うにもタイミングが重要です。

セカンダリで大きく上げるIPOもあれば、初値天井となるIPOもあります。

なのでセカンダリを狙いたいけど、なかなかタイミングが分からず狙えないことが多いって人、何気に多いのではないでしょうか。

初値が安く始まれば入りやすかったりしますが、初値が公開価格から2倍や3倍も上で決まると、ちょっともうここから買うのはリスクが高いのでは?と思ったりしますよね。

セカンダリを狙いたいけど、セカンダリを狙えそうなIPOが分からないって人は、最近は株情報サイトが直近IPOに関する銘柄情報を配信していたりするので、そうした情報を参照してみるといいと思います。

銘柄名(コード) カオナビ(4435)
提供日/終値 19年03月18日/3,505円
高値日/高値 19年05月28日/9,390円
直近日/終値 19年07月04日/7,020円
最大上昇率 +5,885円(+167.90%)
推奨サイト 株マイスター

今年セカンダリで大きく株価を上げたIPOと言えばカオナビ(4435)を思い浮かべる人が多いのではって気がしますが、皆様はカオナビ(4435)に上手くセカンダリ投資をし利益を得れましたでしょうか?

カオナビ(4435)はおじさんがオススメ株情報サイトで紹介している株マイスターが3月18日に推奨していましたが、株マイスターの配信情報を参照されていた方は上手くセカンダリ投資で利益を得れていたりするんじゃないかなと思います。

カオナビ(4435)を思い切って買っておけば良かったと後悔されている方もいるんじゃないかと思いますが、最近は株情報サイトが直近IPOを取り上げることで物色が強まるというケースも珍しいことではないと思うので、少しでもセカンダリ投資の勝率を上げたいと思う方は、利用者が多そうな株情報サイトが配信している銘柄情報などを日頃からチェックしておくといいと思います。

株マイスターは業界長い老舗顧問で、昨年7月時点で累計登録アカウント数は15万件以上に及ぶようですが、配信情報を見ている人が多いってことは、それだけ取り上げられた個別銘柄に短期資金が向かう可能性が高いのではって感じですよね。

もう殆どの方が知ってるサイトかとは思いますが、株マイスターという株情報サイトを知らなかったという人は、今日からでもアドレス登録してサイト内情報をチェックしてみることをおすすめします↓

【おすすめ】怒涛の上昇事例をチェックしてみて下さい⇒

↑株業界のインフルエンサー的な株情報サイトだと思うので、株用のメールアドレスを登録しておくと、要領良く株に関する情報を入手できて、今後のパフォーマンスも変わってくるのではないかと思います。

IPOのセカンダリや急騰株を上手く狙い資金を2倍、3倍と増やしていければ、余力をもってIPOに申し込めるようになるのではないでしょうか。

おじさんは個人的にオススメの株情報サイトを「オススメ株情報サイト」で紹介していますが、今時は「Gmail」や「Outlook」などでメールアドレスを簡単に作れるので、株用のアドレスを作って株情報サイトにいくつか配信登録しておくと、まとめて株関連情報を入手できたりするのでオススメです。

それでは皆様、期待値が高そうな銘柄情報をしっかり集め、日々慎重に後悔のないトレードを!

※上昇事例の一部を抜粋。その他の事例については「株マイスター」にてご確認下さい。

【IPO】セカンダリーを上手く狙えない人にオススメ!

昨日上場となったSansan(4443)は前評判があまり良くなかった印象ですが、蓋を開けてみれば公開価格4,500円から+260円(+5.77%)となる4,760円で初値形成となり、今日は公開価格4,500円から+1,390円(+30.88%)となる高値5,890円を付けてますね。

もう時価総額が1,637.30億円もいってるの?って感じですが、ミクシィ(2121)でも時価総額1,718.73億円ほどって考えるとSansan(4443)はここからセカンダリーを狙うのはちょっともうリスク高いんじゃって気がしますね。

明日上場するブランディングテクノロジー(7067)とか吸収金額が軽く面白そうですが、初値が高そうでVC保有株が多いので、入るタイミングには気を付けたい感じですかね。

IPOはなかなか抽選で取れるものではないので、IPO投資をされている方はセカンダリーにも注目されてたりするかと思いますが、セカンダリーを狙うにもタイミングが重要です。

セカンダリーで大きく上げるIPOもあれば、初値天井となるIPOもあります。

なのでセカンダリーを狙いたいけど、なかなかタイミングが分からず狙えないことが多いって人、何気に多いのではないでしょうか。

初値が安く始まれば入りやすかったりしますが、初値が公開価格から2倍や3倍も上で決まると、ちょっともうここから買うのはリスクが高いのでは?と思ったりしますよね。

セカンダリーを狙いたいけど、セカンダリーを狙えそうなIPOが分からないって人は、最近は株情報サイトが直近IPOに関する銘柄情報を配信していたりするので、そうした情報を参照してみるといいと思います。

銘柄名(コード) カオナビ(4435)
提供日/終値 19年03月18日/3,505円
高値日/高値 19年05月28日/9,390円
直近日/終値 19年06月20日/7,470円
最大上昇率 +5,885円(+167.90%)
推奨サイト 株マイスター

カオナビ(4435)はおじさんがオススメ株情報サイトで紹介している株マイスターが3月18日に推奨していましたが、チャートを見ると“セカンダリー投資をするならここ”ってタイミングで提供してますね。

株マイスターは業界長い老舗顧問で、昨年7月時点で累計登録アカウント数は15万件以上に及ぶようですが、配信情報を見ている人が多いから提供される銘柄へ物色人気が向かいやすいというのもありそうな感じですかね。

株情報サイトが直近IPOを取り上げることで物色が強まるというケースも珍しいことではないと思うので、少しでもセカンダリー投資の勝率を上げたいと思う方は、配信している銘柄情報などを日頃からチェックしておくといいと思います。

もう殆どの方が知ってるサイトかとは思いますが、株マイスターという株情報サイトを知らなかったという人は、今日からでもアドレス登録してサイト内情報をチェックしてみることをおすすめします↓

【おすすめ】怒涛の上昇事例をチェックしてみて下さい⇒

↑株業界のインフルエンサー的な株情報サイトだと思うので、株用のアドレスを登録しておくと、要領良く株に関する情報を入手できて、今後のパフォーマンスも変わってくるのではないかと思います。

IPOのセカンダリーや急騰株を上手く狙い資金を2倍、3倍と増やしていければ、余力をもってIPOに申し込めるようになるのではないでしょうか。

おじさんは個人的にオススメの株情報サイトを「オススメ株情報サイト」で紹介していますが、今時は「Gmail」や「Outlook」などでフリーアドレスを簡単に作れるので、株用のアドレスを作って株情報サイトにいくつか配信登録しておくと、まとめて株関連情報を入手できたりするのでオススメです。

それでは皆様、期待値が高そうな銘柄情報をしっかり集め、日々慎重に後悔のないトレードを!

※上昇事例の一部を抜粋。その他の事例については「株マイスター」にてご確認下さい。

【IPO初値予想】Sansan(4443)が来週19日に上場

IPOSansan(4443)がいよいよ来週19日(水)、東証マザーズ市場に新規上場となりますね。

銘柄名(コード) Sansan(4443)
市場 マザーズ
主幹事 野村證券
事業内容 法人向け名刺管理サービス「Sansan」及び個人向け名刺管理アプリ「Eight」の提供
想定価格 4,075円
公開価格 4,500円
吸収金額 388.64億円(OA分含む)
VC 9,172,353株(ロックアップなし:2,400,000株)
SO 60円で80,000株(上場時算入分)
OR 28.85%
Sansan(4443)に対するみんなの初値予想
【IPO】Sansan[詳細情報・初値予想]⇒

売出株式7,010,000株の一部を欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)の海外投資家に対し販売するとしていましたが、需要状況等を勘案し海外分は3,258,900株に決定となってますね。

なので国内売出株数は3,751,100株となります。

国内分は公募500,000株、売出3,751,100株、OA分1,126,500株で計5,377,600株となり、公募・売出価格4,500円での吸収金額は241.99億円ほど。

グローバルオファリングを行った大型IPOと言えば、ソフトバンク(9434)が吸収金額26460億円(国内分23814.48億円)で、メルカリ(4385)が吸収金額1306.64億円(国内分653.32億円)で、LINE(3938)が吸収金額1328.25億円(国内分602.25億円)でしたが、Sansan(4443)はネガサ株ですし国内分がこれぐらいならメルカリ(4385)も結構な赤字IPOでしたし、初値は何気にそこそこプラスになるかもしれませんね。

というか今更ですがソフトバンク(9434)はもう少し海外売出分を多くすれば良かったんじゃって気がしますね。

Sansan(4443)はマザーズにしては吸収金額が大きく、VC保有株数が多く、赤字続きなので、公募割れリスクを感じ当選したのに辞退したって人もいるかもしれませんが、補欠当選に申し込んだのに繰り上げ当選なしだったという人もいるので、初値形成はそんな悪くないのではないでしょうか。

というか想定価格4,075円から425円も上で公開価格を決定しておいて公募割れなんてなったら結構やばいんじゃって気がしますね。

もし公募割れとなったら「Sansanで散々な目にあった」的なおやじギャグが飛び交いそうですが、あとは地合いが急激に悪化しなければって感じでしょうかね。

倍率そこそこ高かったみたいですし、初値は公開価格比で+10%~+20%ぐらい何気にいくのではって気がしています。

詳細ページ下部にて、皆様の上場直前初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

しかしながら、IPOはほんとまず当選できるかどうかってところですよね…。

おじさんは当選すれば初値で利益を得る可能性が高そうなIPOや、株情報サイトが推奨する銘柄をチェックしたりしてますが、こういうクチコミサイトで評判がいいサイトが推奨する銘柄は、本当に評判がいいだけあって結構上がったりするので、まだチェックしてない人は無料登録からでもお勧めです↓

≫急騰株・テーマ株を上手く狙いたい人におすすめ!!≪

↑タレントのボビー・オロゴン氏がイメージキャラクターをしているグラーツ投資顧問とか注目の銘柄情報をスピーディーかつリアルタイムに提供してくれて、提供銘柄が高いパフォーマンスをみせてきているので、まだ配信情報を見たことがないって人は試しにでもアドレス登録(無料)してみた方がいいと思います。

グラーツ投資顧問から配信されたメールに推奨銘柄の推移などが記載されてたりしますが、無料・有料銘柄が続々と高騰してきています。

評判がいいところや、急騰株やテーマ株を当ててきているところは、上手く活用できれば資金力にもよりますが月20万~100万ぐらいはコンスタントに狙えるんじゃって気がします。

おじさんがオススメ株情報サイトに上げてるところは無料銘柄でも定期的に高いパフォーマンスを残している印象なので良かったらチェックしてみて下さい!
↓↓
≫期待値が高そうな銘柄を探したい人にオススメ≪

それでは皆様、期待値が高そうな銘柄情報にしっかりアンテナを張り、日々慎重に後悔のないトレードを!! \(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします(`・ω・´)

【IPO】ピアズ(7066)の仮条件が決定 初値予想募集

IPO】本日4日大引け後にピアズ(7066)の仮条件が決定となってますね。

銘柄名(コード) ピアズ(7066)
市場 マザ
主幹事 SMBC日興証券
事業内容 キャリアショップを中心とした販売チャネルに対する研修コンサルティング、セールスプロモーション等
公募 207,000株
売出 179,500株
OA分 57,900株
想定価格 3,820円
仮条件 3,220-3,620円
吸収金額 最大で16.08億円ほど(※OA分を含んで計算)
BB期間 06/05-06/11
公開価格 06/12に決定
上場日 06/20
【IPO】ピアズ[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】ピアズ(7066)の仮条件は想定価格3,820円に対し3,220-3,620円で決定。

仮条件上限でも想定価格から200円下ブレとだいぶ弱い設定となってますね。

吸収金額は最大で16.08億円ほど(※OA分を含んで計算)となりますが、ややネガサ株なので枚数はそこまで多くない印象。

ピアズ(7066)が上場する前日6月19日に想定価格での吸収金額が351.93億にもなるSansan(4443)が新規上場予定となっているので、資金分散の影響がありそうな感じでしょうか。

VCや上場時に行使期間入りとなっているSO(ストックオプション)は見当たらず、上位大株主にはロックアップがきつめ(180日)。

OR(オファリング・レシオ)は20.43%ほど。

ピアズ(7066)は店舗責任者や販売スタッフへの直接的なトレーニング(OJT)を行うなどの店舗運営に係るコンサルティングや販売支援などを行っている会社ですが、業績は堅調に伸びてきてますね。

通信業界に特化した事業展開を進めてきていて、主要な取引先であるNTTドコモグループへの依存度が2017年9月69.8%、2018年9月期60.0%と高く、キャリアショップにおける売上が落ち、人件費削減の流れとなってきたら影響がありそうな感じでしょうか。

BB期間は明日6月5日(水)から来週11日(火)迄。

仮条件がだいぶ弱いのが気になりますが、公募割れとまではいかないのではって気がするので、BBスタンスは参加の方向でと思っています。

詳細ページ下部にて、仮条件決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

しかしながら、IPOはほんとまず当選できるかどうかってところですよね…。

年にいくつ当選できるかって感じのIPOだけ見てるのもあれですし、やはりもう少し上場している銘柄を上手く狙い、資金力を増やさないとなって言うのがあるので、おじさんは上場銘柄も見るようにしています。

ツイッターなどでどういう人が当選しているか見れば分かると思いますが、100株しか申し込めない人と、99,900株申し込める人、どちらが当選しやすそうかってとこですね。

IPOはまず当選できないとって感じですが、いつも100株、200株ぐらいしか申し込めないって人は、少しでも資金余力を増やせるように、上場銘柄での取引を考えてみるなどしてみた方がいいと思います。

ただ、上場している銘柄は狙う地合いの影響など、タイミング次第ってところがあるので、その狙うタイミングが良さそうな銘柄を探すために、クチコミサイトで評判が良かったり、高い上昇事例を残してきてる株情報サイトをいくつか見るようにしています。

これまで色々と株情報サイトの配信情報を見てきてますが、高いパフォーマンスをみせてきているところをオススメ株情報サイトで書いているので、上場している銘柄を上手く狙って少しでも資金余力を増やしていきたいって思う人は見てみて下さい。

ここ最近は前に書いた投資の女神「向後はるみ」をストラテジー顧問に迎えている株エヴァンジェリストが配信している銘柄情報に注目したりしてますが、無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「極短期急騰候補株」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメ!

≫株エヴァンジェリストをチェックしてみる人はコチラより≪

↑今年2019年もレアジョブ(6096)、窪田製薬HD(4596)、霞ヶ関キャピタル(3498)など、株価2倍超えとなるような銘柄を続々と推奨してきています。

あと、大和証券、すみれ証券OBで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも無料で色々とチェック出来たりで結構オススメです。

MT
話題の注目銘柄 最短即日で利益を狙える銘柄情報。
日米市況レポート 市場動向に関する情報。
金脈3銘柄情報 投資のプロが厳選した短期急騰を期待できる銘柄情報。
マスターズレポート MTスタッフによる急騰株予想や体験談など。
無料銘柄相談 保有中の銘柄や購入検討中の銘柄の売買タイミングなどについて相談できる。
➡️MT(上記サービスを無料でチェックできます)

株-1グランプリ最多優勝ホルダーの「向後はるみ」さんがストラテジー顧問の株エヴァンジェリストも、元証券マンで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも上場銘柄で上手く資金を増やしたいと思う人は、試しにでもサイト内で提供となっている銘柄情報をチェックしてみることをオススメ。

急騰株を当ててきているサイトは、利用者が資金を増やしているというのもあるからか、推奨銘柄に資金が向かいやすくなる傾向があると思います。

なので大きく外さないでいるうちは今後の配信情報も要チェックって感じでしょうか。

配信情報を見ている人の方が、見ていない人より早い段階で入れたりするのでは?って銘柄が結構ある気がします。

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、日々慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

【IPO】Sansan(4443)の仮条件が決定 初値予想募集

IPO】本日30日大引け後にSansan(4443)の仮条件が決定となってますね。

銘柄名(コード) Sansan(4443)
市場 マザ
主幹事 野村證券
事業内容 法人向け名刺管理サービス「Sansan」及び個人向け名刺管理アプリ「Eight」の提供
公募 500,000株
売出 7,010,000株
OA分 1,126,500株
想定価格 4,075円
仮条件 4,000-4,500円
吸収金額 最大で388.64億円ほど(※OA分を含んで計算)
BB期間 06/03-06/06
公開価格 06/07に決定
上場日 06/19
【IPO】Sansan[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】Sansan(4443)の仮条件は想定価格4,075円に対し4,000-4,500円で決定。

仮条件上限が想定価格から425円も上で設定となってますが、吸収金額が最大で388.64億円ほど(※OA分を含んで計算)とマザーズ銘柄にしては結構な規模感があるIPOですね。

VC推定保有株が計9,172,353株と多く、そのうちロックアップなしが2,400,000株。

上場時に行使期間入りとなっているSO(ストックオプション)は60円で80,000株ほど。

OR(オファリング・レシオ)は28.85%ほどとやや高め。

Sansan(4443)は名刺をデータ化し、人と人のつながりを情報として可視化・共有できる、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を展開するSansan事業と、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの仕組みを取り入れ、名刺をビジネスのつながりに変える名刺アプリ「Eight」を展開するEight事業を運営している会社で、前々からIPOが噂されてましたが、売上高は堅調に伸びているものの、赤字続きで2018年5月期の経常損失は前期比で大きく悪化してますね。

2007年設立の会社でまだ黒字化できてなくてファンドの出口案件かって感じですが、注目のIPOって感じなんですかね。

せっかく知名度がありそうでクラウド関連というテーマ性もあるのに、規模がだいぶ大きく赤字続きというのが残念ですね。

名刺管理アプリと言えば2017年9月に上場したウォンテッドリー(3991)を思い出したのですが、ウォンテッドリー(3991)は吸収金額1.49億円ほどの超小型IPOだったので比較するのは難しいですかね。

BB期間が6月3日(月)から6月6日(木)となってますが、おじさんはちょっと公開価格割れとなるリスクもあるのではって気がしたので、不参加でいいかなと思っています。

詳細ページ下部にて、仮条件決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

しかしながら、IPOはほんとまず当選できるかどうかってところですよね…。

年にいくつ当選できるかって感じのIPOだけ見てるのもあれですし、やはりもう少し上場している銘柄を上手く狙い、資金力を増やさないとなって言うのがあるので、おじさんは上場銘柄も見るようにしています。

ツイッターなどでどういう人が当選しているか見れば分かると思いますが、100株しか申し込めない人と、99,900株申し込める人、どちらが当選しやすそうかってとこですね。

IPOはまず当選できないとって感じですが、いつも100株、200株ぐらいしか申し込めないって人は、少しでも資金余力を増やせるように、上場銘柄での取引を考えてみるなどしてみた方がいいと思います。

ただ、上場している銘柄は狙う地合いの影響など、タイミング次第ってところがあるので、その狙うタイミングが良さそうな銘柄を探すために、クチコミサイトで評判が良かったり、高い上昇事例を残してきてる株情報サイトをいくつか見るようにしています。

これまで色々と株情報サイトの配信情報を見てきてますが、高いパフォーマンスをみせてきているところをオススメ株情報サイトで書いているので、上場している銘柄を上手く狙って少しでも資金余力を増やしていきたいって思う人は見てみて下さい。

ここ最近は前に書いた投資の女神「向後はるみ」をストラテジー顧問に迎えている株エヴァンジェリストが配信している銘柄情報に注目したりしてますが、無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「極短期急騰候補株」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメ!

≫株エヴァンジェリストをチェックしてみる人はコチラより≪

↑今年2019年もレアジョブ(6096)、窪田製薬HD(4596)、霞ヶ関キャピタル(3498)など、株価2倍超えとなるような銘柄を続々と推奨してきています。

あと、大和証券、すみれ証券OBで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも無料で色々とチェック出来たりで結構オススメです。

MT
話題の注目銘柄 最短即日で利益を狙える銘柄情報。
日米市況レポート 市場動向に関する情報。
金脈3銘柄情報 投資のプロが厳選した短期急騰を期待できる銘柄情報。
マスターズレポート MTスタッフによる急騰株予想や体験談など。
無料銘柄相談 保有中の銘柄や購入検討中の銘柄の売買タイミングなどについて相談できる。
➡️MT(上記サービスを無料でチェックできます)

株-1グランプリ最多優勝ホルダーの「向後はるみ」さんがストラテジー顧問の株エヴァンジェリストも、元証券マンで株式投資アドバイザーとして活動している「濱村比呂史」さんの株式コラム「株式最前線」などを配信しているMTも上場銘柄で上手く資金を増やしたいと思う人は、試しにでもサイト内で提供となっている銘柄情報をチェックしてみることをオススメ。

急騰株を当ててきているサイトは、利用者が資金を増やしているというのもあるからか、推奨銘柄に資金が向かいやすくなる傾向があると思います。

なので大きく外さないでいるうちは今後の配信情報も要チェックって感じでしょうか。

配信情報を見ている人の方が、見ていない人より早い段階で入れたりするのでは?って銘柄が結構ある気がします。

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、日々慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。