月別アーカイブ: 2018年6月

【IPO】6月はメルカリからスプリックス迄で13銘柄が続々上場

IPO】6月は19日(火)上場予定のメルカリ(4385)から29日(金)上場予定のスプリックス(7030)迄で一気に13銘柄が上場となりますね。

上場日 銘柄名 市場 想定価格(円) 仮条件(円) 吸収金額(億円)
6/19 メルカリ マザ 2,450 2,700-3,000 1306.64 詳細  
初値予想
6/20 ログリー マザ 1,680 1,680-1,860 9.60 詳細  
初値予想
6/21 SIG JQS 2,000 1,600-2,000 6.85 詳細  
初値予想
6/21 ZUU マザ 1,370 1,440-1,600 4.60 詳細  
初値予想
6/21 コーア商事HD 東2 2,590 2,590-2,670 11.34 詳細  
初値予想
6/22 ライトアップ マザ 2,570 2,660-2,820  22.02 詳細  
初値予想
6/26 国際紙パルプ商事 未定  344  314-344  27.69 詳細  
初値予想
6/27 インバウンドテック マザ  3,810  6/8に決定  8.73 詳細  
初値予想
6/27 IPS マザ  3,730  3,730-3,900  14.35 詳細  
初値予想
6/27 プロパティデータバンク マザ  1,660  1,660-1,780  7.73 詳細  
初値予想
6/27 エーアイ マザ  800  900-1,000  6.52 詳細  
初値予想
6/28 パデコ JQS  1,660  6/8に決定  6.77 詳細  
初値予想
6/29 スプリックス 未定  2,180  6/8に決定  138.69 詳細  
初値予想
※吸収金額はOA分を含め、仮条件上限もしくは想定価格で計算。

※追記(6/8):パデコは8日付で新規上場の承認取消しとなっています。

本日7日(木)大引け後にIPS(4390)、プロパティデータバンク(4389)、エーアイ(4388)の仮条件が決定となってますが、3銘柄とも仮条件上限が想定価格より上で決定となってますね。

SIG(4386)の仮条件が思ったほど強くなかった印象ですが、6月上場のIPOは全て申込みで問題なさそうですかね。

どれかひとつでも当選できれば嬉しいのですが、ログリー(6579)、ZUU(4387)、インバウンドテック(7031)、エーアイ(4388)あたり初値高騰しそうなIPOに当選できたら最高でしょうね。

各詳細ページ下部にて、皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

とりあえず、おじさんは当選すれば初値で利益を得れる可能性が高そうなIPOをチェックしながら、クチコミサイトで良さそうな株情報サイトが推奨する銘柄を見たりしていますが、小型IPOや人気化が予想されるIPOはなかなか当選出来ないのがあれですね。

全然当選出来ないのにIPOだけ見てるのもあれですし、やはりもう少し上場している銘柄を上手く狙い、資金力を増やさないとなって言うのがあるので、おじさんは上場銘柄も見るようにしています。

ツイッターなどでどういう人が当選しているか見れば分かると思いますが、100株しか申し込めない人と、99,900株申し込める人、どちらが当選しやすそうかってとこですね。

IPOはまず当選できないとって感じですが、いつも100株、200株ぐらいしか申し込めないって人は、少しでも資金余力を増やせるように、上場銘柄での取引を考えてみるなどしてみた方がいいと思います。

ただ、上場している銘柄は狙う地合いの影響など、タイミング次第ってところがあるので、その狙うタイミングが良さそうな銘柄を探すために、高い上昇事例を残してきてたりで良さそうな株情報サイトをいくつか見るようにしています。

これまで色々と株情報サイトの配信情報を見てきてますが、高いパフォーマンスをみせてきているところをオススメ株情報サイトで書いているので、上場している銘柄を上手く狙って少しでも資金余力を増やしていきたいって思う人は見てみて下さい。

≫おじさんオススメ株情報サイト≪

ここ最近は前に書いた投資の女神「向後はるみ」をストラテジー顧問に迎えている株エヴァンジェリストが配信している銘柄情報に注目したりしてますが、無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「極短期急騰候補株」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメ!

≫株エヴァンジェリストをチェックしてみる人はコチラより≪

↑知名度が高い人をストラテジー顧問に迎えているサイトが取り上げられる銘柄には、投資家の関心が向かいやすい気がするので、今後の配信情報も要チェックではないでしょうか。

配信情報を見ている人の方が、見ていない人より早い段階で買いを入れれるのでは?って銘柄が結構ある気がします。

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、明日も慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

【IPO】メルカリのBB期間は今週末8日迄!LINEと少し比較してみました

メルカリ

IPOメルカリ(4385)のBB期間が今週末8日(金)迄となってますが、皆様は既に申込みを済まされましたでしょうか?

  • 規模感(吸収金額1,000億円以上)
  • 情報・通信業(アプリ関連)
  • 知名度の高さ
  • グローバルオファリング
  • 赤字
  • 仮条件上ブレ

上記あたりが2016年7月に上場となったLINE(3938)と似てるかなって気がしたので、今日は少しLINE(3938)とメルカリ(4385)を比較してみました。

 LINE(3938)  メルカリ(4385)
 公募  35,000,000株  18,159,500株
 公募(国内)  13,000,000株  4,288,700株
 公募(海外)  22,000,000株  13,870,800株
 売出  –  22,554,800株
 売出(国内)  –  14,648,200株
 売出(海外)  –  7,906,600株
 OA  5,250,000株  2,840,500株
 OA(国内)  1,950,000株
 OA(海外)  3,300,000株
 市場  東1  マザーズ
 想定価格  2,800円  2,450円
 仮条件  2,900-3,300円  2,700-3,000円
 公開価格  3,300円  06/11に決定
 吸収金額  1328.25億円  1306.64億円
 時価総額  6929.76億円  4059.93億円
 初値  4,900円
※吸収金額、時価総額はOA分を含んで計算。
※メルカリの吸収金額、時価総額は公開価格が3,000円で決定となった場合。

LINE(3938)は公開価格比+1,600円(+48.48%)となる4,900円で初値形成となりましたが、メルカリ(4385)も公開価格が仮条件上限となる3,000円で決まったとして、公開価格比+1,200円(+40%)~+1,350円(+45%)となる初値4,200円~4,350円ぐらいは期待できそうな感じですかね。

メルカリ(4385)に対する皆様の初値予想はコチラより⇒

これだけの枚数でも多くの方が申し込むと思うので当選はなかなか厳しそうですが、できれば当選してお祭りIPOに参加したいものですね。

LINE(3938)は応募倍率25倍弱ぐらいだったみたいですが、メルカリ(4385)も主幹事証券でそれぐらいの倍率となりそうな感じですかね。

とりあえず、おじさんは当選すれば初値で利益を得れる可能性が高そうなIPOをチェックしながら、クチコミサイトで良さそうな株情報サイトが推奨する銘柄を見たりしていますが、小型IPOや人気化が予想されるIPOはなかなか当選出来ないのがあれですね。

全然当選出来ないのにIPOだけ見てるのもあれですし、やはりもう少し上場している銘柄を上手く狙い、資金力を増やさないとなって言うのがあるので、おじさんは上場銘柄も見るようにしています。

ツイッターなどでどういう人が当選しているか見れば分かると思いますが、100株しか申し込めない人と、99,900株申し込める人、どちらが当選しやすそうかってとこですね。

IPOはまず当選できないとって感じですが、いつも100株、200株ぐらいしか申し込めないって人は、少しでも資金余力を増やせるように、上場銘柄での取引を考えてみるなどしてみた方がいいと思います。

ただ、上場している銘柄は狙う地合いの影響など、タイミング次第ってところがあるので、その狙うタイミングが良さそうな銘柄を探すために、高い上昇事例を残してきてたりで良さそうな株情報サイトをいくつか見るようにしています。

これまで色々と株情報サイトの配信情報を見てきてますが、高いパフォーマンスをみせてきているところをオススメ株情報サイトで書いているので、上場している銘柄を上手く狙って少しでも資金余力を増やしていきたいって思う人は見てみて下さい。

≫おじさんオススメ株情報サイト≪

ここ最近は前に書いた投資の女神「向後はるみ」をストラテジー顧問に迎えている株エヴァンジェリストが配信している銘柄情報に注目したりしてますが、無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「極短期急騰候補株」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメ!

≫株エヴァンジェリストをチェックしてみる人はコチラより≪

↑知名度が高い人をストラテジー顧問に迎えているサイトが取り上げられる銘柄には、投資家の関心が向かいやすい気がするので、今後の配信情報も要チェックではないでしょうか。

配信情報を見ている人の方が、見ていない人より早い段階で買いを入れれるのでは?って銘柄が結構ある気がします。

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、明日も慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

【IPO 仮条件決定】国際紙パルプ商事《初値予想募集》

IPO】本日5日大引け後に国際紙パルプ商事(9274)の仮条件が決定となってますね。

 国際紙パルプ商事株式会社
銘柄名(コード) 国際紙パルプ商事(9274)
市場 東1または東2
主幹事 みずほ証券
事業内容 国内外における紙パルプ卸売業
公募 7,000,000株
売出
OA分 1,050,000株
想定価格 344円
仮条件 314-344円
吸収金額 最大で27.69億円ほど(※OA分を含んで計算)
BB期間 06/07-06/13
公開価格 06/14に決定
上場日 06/26
【IPO】国際紙パルプ商事[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】国際紙パルプ商事(9274)の仮条件は想定価格を上限とし314-344円で決定。

東証1部または東証2部への上場で、上場日における時価総額が250億円以上となる見込みの場合は東証1部指定とするようですが、公開価格が下限で決定となった場合は時価総額が232.44億円ほどとなるので、まだ東証2部となる可能性もありそうな感じでしょうか。

関係会社である王子ホールディングス(株)グループ内の製紙会社等より仕入れた紙類を国内外に販売することを主要業務としていて、業種は卸売業の会社ですが、売上に伸びが感じらないですね。

国際紙パルプ商事 業績動向

これといった買い要素に欠け初値高騰って感じのIPOではなさそうな気がしますが、東証1部か2部にしては軽量感があり、手頃な価格なので、公募割れって感じでもなさそうですかね。

それにしても、東証は10月までに1単元あたりの水準を5万円~50万円に収まるように求めている割に、この価格帯で新規上場を承認というのも何だか変な感じですね。

明後日7日からBB期間入りとなりますが、BBスタンスは参加の方向で考えたいと思います。

引受証券会社はみずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券、岡三証券、いちよし証券、SBI証券となっています。

詳細ページ下部にて、仮条件決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

とりあえず、おじさんは当選すれば初値で利益を得れる可能性が高そうなIPOをチェックしながら、クチコミサイトで良さそうな株情報サイトが推奨する銘柄を見たりしていますが、小型IPOや人気化が予想されるIPOはなかなか当選出来ないのがあれですね。

全然当選出来ないのにIPOだけ見てるのもあれですし、やはりもう少し上場している銘柄を上手く狙い、資金力を増やさないとなって言うのがあるので、おじさんは上場銘柄も見るようにしています。

IPOはまず当選できないとって感じですが、当選確率を上げようと各証券口座から申し込むとなると、それなりの資金余力が必要ですからね。

ただ、上場している銘柄は狙う地合いの影響など、タイミング次第ってところがあるので、その狙うタイミングが良さそうな銘柄を探すために、高い上昇事例を残してきてたりで良さそうな株情報サイトをいくつか見るようにしています。

これまで色々と株情報サイトの配信情報を見てきてますが、高いパフォーマンスをみせてきているところをオススメ株情報サイトで書いているので、上場している銘柄を上手く狙って少しでも資金余力を増やしていきたいって思う人は見てみて下さい。

≫おじさんオススメ株情報サイト≪

ここ最近は前に書いた投資の女神「向後はるみ」をストラテジー顧問に迎えている株エヴァンジェリストが配信している銘柄情報に注目したりしてますが、無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「極短期急騰候補株」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメ!

≫株エヴァンジェリストをチェックしてみる人はコチラより≪

↑知名度が高い人をストラテジー顧問に迎えているサイトが取り上げられる銘柄には、投資家の関心が向かいやすい気がするので、今後の配信情報も要チェックではないでしょうか。

配信情報を見ている人の方が、見ていない人より早い段階で買いを入れれるのでは?って銘柄が結構ある気がします。

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、明日も慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

【IPO 仮条件決定】ログリー、ライトアップ《初値予想募集》

IPO】本日4日大引け後にログリー(6579)とライトアップ(6580)の仮条件が決定となってますね。

 ログリー株式会社
銘柄名(コード) ログリー(6579)
市場 マザーズ
主幹事 SMBC日興証券
事業内容 ネイティブ広告に特化したインターネット広告配信プラットフォーム「logly lift」のサービス提供
公募 359,900株
売出 89,000株
OA分 67,300株
想定価格 1,680円
仮条件 1,680-1,860円
吸収金額 最大で9.60億円ほど(※OA分を含んで計算)
BB期間 06/05-06/11
公開価格 06/12に決定
上場日 06/20
【IPO】ログリー[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】ログリー(6579)の仮条件は想定価格を下限とし1,680-1,860円で決定。

強気の設定となってますが、それでも吸収金額は最大で9.60億円ほど(※OA分を含んで計算)とやや軽量感があるIPO。

ネイティブ広告として関連コンテンツを配信する『logly lift(ログリーリフト)』 をリリースし、アドテク事業を行っている会社ですが、堅調に業績を伸ばしてきてますね。

ログリー(株)[6579]の業績動向(百万円)

明日5日からBB期間入りとなりますが、仮条件の設定を見る限り、そこそこの初値形成を期待できそうなので、BBスタンスは全力参加の方向で考えたいと思っています。

引受証券会社はSMBC日興証券、SBI証券、みずほ証券、岡三証券、丸三証券、極東証券となっています。

 株式会社ライトアップ
銘柄名(コード) ライトアップ(6580)
市場 マザーズ
主幹事 SBI証券
事業内容 コンサルティング・研修サービスの提供、ITツール等の商材の卸売、Webコンテンツ制作
公募 150,000株
売出 560,000株
OA分 71,000株
想定価格 2,570円
仮条件 2,660-2,820円
吸収金額 最大で22.02億円ほど(※OA分を含んで計算)
BB期間 06/06-06/12
公開価格 06/13に決定
上場日 06/22
【IPO】ライトアップ[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】ライトアップ(6580)の仮条件は想定価格から大幅に上ブレし2,660-2,820円で決定。

IT・クラウド関連はIPO的には人気ですが、だいぶ強気の設定できましたね。

吸収金額は最大で22.02億円ほど(※OA分を含んで計算)と、やや規模感がある印象ですが、価格帯が少し高いので枚数的にはそんなですかね。

上場時に行使期間入りとなっているSO(ストックオプション)は見当たらず、VCは180,000株ほどありますが、ロックアップが90日及び1.5倍以上で掛かってますね。

こちらは明後日6日からBB期間入りとなりますが、堅調に業績を伸ばしてますし、仮条件の設定を見る限り初値形成は問題なさそうなので、BBスタンスはこちらも全力参加の方向で考えたいと思います。

引受証券会社はSBI証券、SMBC日興証券、藍澤證券、エース証券、水戸証券、岩井コスモ証券、東洋証券、松井証券、マネックス証券となっています。

各詳細ページ下部にて、仮条件決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

とりあえず、おじさんは人気化が予想されるIPOに注目しながら、上場銘柄の動きを色々と見たりしていますが、5月30日に「AIを活用した知識検索サービス「Kleio(クレイオ)ナレッジサーチ」の提供を開始 ソフトバンクと販売パートナー契約を締結」を発表したシステムズ・デザイン(3766)が今日も大幅高で年初来高値を1,361円まで更新してきてますね。

株取引は“いかに強い銘柄を上手く狙えるか”が大切だったりすると思いますが、やはりそう考えると日頃から買われる要因となりそうな材料や旬な情報に敏感になることが大切って感じですかね。

新しい情報を頭に入れているかどうかが相場の波に上手く乗れるかどうかに繋がってきたりすると思います。

おじさんがオススメ株情報サイトで書いてるようなサイトをチェックしているのは“旬な株関連情報を要領良く入手したいから”だったりしますが、今時は株情報サイトの無料メルマガなどで“知識がある人がまとめてくれた情報”を簡単に入手できたりするので、利益に繋がりそうな情報を上手く集めれていないと感じる人は、株情報サイトにいくつか試しにでも無料メルマガ登録しておくといいと思います。


➡️【オススメ】新生ジャパン投資
ラジオNIKKEIで株教室って番組を持ってる「前池英樹」さんが代表の株情報サイト。徳間書店から毎年出てる投資カレンダーで知られる「大岩川源太」さんが社員のようですが、知名度が高い人が配信する情報は投資家の関心を集めやすい印象なので、サイト内で取り上げられる個別株などは要チェックだと思います。無料登録してサイト内の提供情報一覧をのぞいてみると分かると思いますが、本当にしっかりとした内容で「世界マーケット動向」や「国内マーケット動向」や「無料推奨銘柄」などが書かれています。推奨されてから高値までで株価2倍を超える推移も珍しくなく、配信情報を見ていた人と、見ていなかった人とでは狙う銘柄の幅がだいぶ違ってくるのではって気がします。

➡️【オススメ】グラーツ投資顧問
【購入目安】【目標値】【ロスカット】などの明記がしっかりとあるので、いくらぐらいで入っていくらぐらいまで上値を狙えば良いのか?と悩まれたりする人や、株初心者に良さそうな株情報サイト。カブ知恵代表を務めている「藤井英敏」さんがサイト内で「投資の方程式」を掲載していたりで、“情報力”“分析力”が凄そう。これまで急騰株を結構早い段階で推奨してきている印象ですが、当てているサイトは利用者が増えていく傾向にあると思うので、今後配信される銘柄情報も投資家の関心が向かいやすくなっていくのではないかと思われます。

➡️【オススメ】株エヴァンジェリスト
株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝の、投資の女神「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎え急騰候補株を無料で配信しているサイト。全国でセミナー講演を行っていたり、15年12月からフィスコリサーチレポーターをしていたりと、幅広く活動されている印象ですが、そんな美人だけでなく急騰株を当ててきている「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えているサイトとなると、これは配信情報をチェックするしかないって感じではないでしょうか。無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「無料特選銘柄」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメします。

➡️【オススメ】ファーストリッチ
“相場の鉄人”元日興證券株式部の「鳥丸好一」さんや、“テクニカルの名手”元成瀬証券投資コンサル部の「島田幸男」さんや、“急騰ゴールデンアイ”元三菱証券営業部の「中村喜広」さんなど、キャリアある人が顔を出してますが、株式投資業界の重鎮達が集結しているというなんとも凄い情報力を期待できそうな株情報サイト。ちょっと胡散臭そうなサイトだなって思う人もいるかもしれませんが、金商の表記がしっかりあり、投資助言を行う認可を受けていて、無料銘柄から実力を試すことが出来ます。キャリアが豊富な人が銘柄分析を行っているからか、ここも急騰株を当ててきている印象なので、「大相場に上手く乗ってみたい」「上昇トレンドに初動から入りたい」そう少しでも思う人は無料登録からでも本当にオススメです。

株業界で著名な人が顔を出していたりするサイトをいくつかあげてみましたが、このへん無料メルマガ登録しとけば一通りの情報を日々集めれるんじゃって気がします。

株は業界で著名な人や元証券マンやアナリストなどが注目したり高く評価することで投資家の関心を集めたりするものだと思うので、動意付く要因となるのではと思われる株関連情報はなるべくチェックしておきたいところではないでしょうか。

今時は「Gmail」や「Outlook」などでフリーアドレスを簡単に作れるので、株用のアドレスを作って配信登録しておくと、まとめて株関連情報を入手できたりするのでオススメです。

ネット化が進み情報の流れがどんどん早くなっていると思うので、乗り遅れて高値掴みとならないように、張るべきアンテナはしっかり張っておきたいですね!

それでは皆様、利益を得るチャンスを少しでも掴んでいけるよう、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、日々慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

【IPO 仮条件決定】メルカリ(4385) BBスタンス《初値予想募集》

IPO】本日1日大引け後にメルカリ(4385)の仮条件が決定となってますね。

 株式会社メルカリ
銘柄名(コード) メルカリ(4385)
市場 マザーズ
主幹事 大和証券
事業内容 CtoCマーケットプレイス「メルカリ」その他のマーケットプレイス関連事業の開発・運営等
公募 18,159,500株
売出 22,554,800株
OA分 2,840,500株
想定価格 2,450円
仮条件 2,700-3,000円
吸収金額 最大で1306.64億円(※OA分を含んで計算)
BB期間 06/04-06/08
公開価格 06/11に決定
上場日 06/19
【IPO】メルカリ[詳細情報・初値予想]⇒

【IPO】メルカリ(4385)の仮条件は想定価格2,450円に対し2,700-3,000円で決定。

上ブレしてくるかなと思ってましたが、だいぶ強気の設定となってますね。

それだけの需要を見込めてるってことでしょうが、上限価格3,000円だと想定価格2,450円から既に+22.44%になるのかとか考えちゃいますよね。

ツイッターで反応を見てみましたが、やはり高くするのはあまり印象良くなさそうな感じですかね。

まぁでもLINE(3938)とか想定価格2,800円に対し公開価格3,300円でしたが、初値は4,900円を付けましたからね。

知名度の高さ、話題性を考えると、いくらでも申し込む人いそうですし、強気でくるのは当然と言えば当然かもしれません。

BB期間入りは来週4日(月)からで、引受証券会社は大和証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券、みずほ証券、野村證券、マネックス証券、SBI証券、岩井コスモ証券、極東証券。

BBスタンスは積極参加で取れるなら取りたいIPOという認識で問題なさそうですかね。

詳細ページ下部にて、仮条件決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

とりあえず、おじさんはIPOに注目しながら、上場銘柄の動きを色々と見たりしていますが、海外要因に不透明感が残ってる感じが気になるところですね。

おじさんはオススメ株情報サイトで書いてるようなサイトが配信している株関連情報をチェックしたりしてますが、何が起こっているのか把握しないでトレードするのはリスクが高いと思うので、相場見通しなどが良く分からないって人は、下記のような株情報サイトにいくつか無料メルマガ登録して、旬な情報になるべく目を通すようにした方がいいと思います。


➡️【オススメ】新生ジャパン投資
ラジオNIKKEIで株教室って番組を持ってる「前池英樹」さんが代表の株情報サイト。徳間書店から毎年出てる投資カレンダーで知られる「大岩川源太」さんが社員のようですが、知名度が高い人が配信する情報は投資家の関心を集めやすい印象なので、サイト内で取り上げられる個別株などは要チェックだと思います。無料登録してサイト内の提供情報一覧をのぞいてみると分かると思いますが、本当にしっかりとした内容で「世界マーケット動向」や「国内マーケット動向」や「無料推奨銘柄」などが書かれています。推奨されてから高値までで株価2倍を超える推移も珍しくなく、配信情報を見ていた人と、見ていなかった人とでは狙う銘柄の幅がだいぶ違ってくるのではって気がします。

➡️【オススメ】グラーツ投資顧問
【購入目安】【目標値】【ロスカット】などの明記がしっかりとあるので、いくらぐらいで入っていくらぐらいまで上値を狙えば良いのか?と悩まれたりする人や、株初心者に良さそうな気がします。カブ知恵代表を務めている「藤井英敏」さんのコラム「投資の方程式」を掲載していたりで、“情報力”“分析力”が凄そう。これまで急騰株を結構早い段階で推奨してきている印象ですが、当てているサイトは利用者が増えていく傾向にあると思うので、今後配信される銘柄情報も投資家の関心が向かいやすくなっていくのではないかと思われます。

➡️【オススメ】株エヴァンジェリスト
株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝の、投資の女神「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎え急騰候補株を無料で配信しているサイト。全国でセミナー講演を行っていたり、15年12月からフィスコリサーチレポーターをしていたりと、幅広く活動されている印象ですが、そんな美人だけでなく急騰株を当ててきている「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えているサイトとなると、これは配信情報をチェックするしかないって感じではないでしょうか。無料会員登録するだけで「朝刊レポート」や「夕刊レポート」を無料配信してくれて、「無料特選銘柄」の配信もあるので、まだ見てない人は今日からでもチェックしてみることをオススメします。

➡️【オススメ】ファーストリッチ
“相場の鉄人”元日興證券株式部の「鳥丸好一」さんや、“テクニカルの名手”元成瀬証券投資コンサル部の「島田幸男」さんや、“急騰ゴールデンアイ”元三菱証券営業部の「中村喜広」さんなど、キャリアある人が顔を出してますが、株式投資業界の重鎮達が集結しているというなんとも凄い情報力を期待できそうな株情報サイト。ちょっと胡散臭そうなサイトだなって思う人もいるかもしれませんが、金商の表記がしっかりあり、投資助言を行う認可を受けていて、無料銘柄から実力を試すことが出来ます。キャリアが豊富な人が銘柄分析を行っているからか、ここも急騰株を当ててきている印象なので、「大相場に上手く乗ってみたい」「上昇トレンドに初動から入りたい」そう少しでも思う人は無料登録からでも本当にオススメです。

今時は株情報サイトの無料メルマガなどで“知識がある人がまとめてくれた情報”を入手できたりするので、上記サイトなどに登録しておけば一通りの情報を日々チェック出来るんじゃないかなと思います。

株は業界で著名な人や元証券マンやアナリストなどが注目したり高く評価することで投資家の関心を集めたりするものだと思うので、動意付く要因となるのではと思われる株関連情報はなるべくチェックしておきたいところではないでしょうか。

今時は「Gmail」や「Outlook」などでフリーアドレスを簡単に作れるので、株用のアドレスを作って配信登録しておくと、まとめて株関連情報を入手できたりするのでオススメです。

ネット化が進み情報の流れがどんどん早くなっていると思うので、投資機会をなるべく逃さないように、張るべきアンテナはしっかり張っておきたいですね!

それでは皆様、利益を得るチャンスを少しでも掴んでいけるよう、期待値が高そうな情報をしっかりとチェックして、日々慎重に後悔のないトレードを!( `・ω・´ )

\(^^)/チャオ!

下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。