タグ別アーカイブ: 日本郵政

■ゆうちょ銀行(7182)公募価格割れ

ゆうちょ銀行

7182 ゆうちょ銀行  1/20終値1,430円 前日比- 72(-4.79%)
6178 日本郵政    1/20終値1,546円 前日比- 81(-4.98%)
7181 かんぽ生命保険 1/20終値2,645円 前日比-116(-4.20%)

原油価格が時間外で12年4ヵ月ぶりの安値を割り込み、為替は対ドルで116円台後半と円高振れ、運用リスクを避ける売りが広がってますが、郵政3社も売られ、ゆうちょ銀行(7182)は一時前日比-74円(-4.8%)の1,428円まで下落。

日本郵政(6178)、かんぽ生命保険(7181)は公募価格割れまでには至ってませんが、ゆうちょ銀行(7182)はついに公募価格1,450円を割ってきましたね。

底が見えない展開で東1銘柄の97%超にあたる1,856銘柄が値下がり全33業種がマイナス。

日経平均株価は前日比632.18円安の16416.19円と16,500円を割り込み、これは2014年10月31日以来およそ1年3ヵ月ぶりの安値となるみたいですが、16,000円も簡単に割れてきそうで怖いですね。

NYダウ先物[CME]が16時26分時点で-247(-1.55%)って…。

一体どこまで下げれるのだろうか…。

とりあえず、おじさんは今年も引き続き当選すれば初値で利益を得る可能性が高そうなIPOをチェックしながら、人気の株情報サイトが推奨する銘柄を見たりしていこうと思ってますが、今後の相場見通しをしっかり立てて株で上手く利益を出していきたいと思われる人には、「2012年日本株大底・歴史的買い場」や「2014年の黒田バズーカで大逆転」など、歴史的大相場を事前に予想し当ててきている前池英樹さんが代表を務めている新生ジャパン投資の配信情報は見ておくことをオススメします。

前池英樹さんはラジオNIKKEIで株教室って番組を持っていたりセミナーを開いていたりする人ですが、2036年までの予想を既に立てているみたいです。

世界マーケット動向や国内マーケット展望などを無料配信してくれるので、次の買い場に上手く乗りたいと思われる人は配信情報をチェックしておくといいと思います。

≫登録無料でマーケット情報などをチェック出来ます≪

人気化要素が揃ったIPOは当選したくてもなかなか当選出来ませんし、今の相場はアナリスト情報などをチェックしておかないと厳しい相場だと思うので、こういうクチコミサイトで評判がいい株情報サイトが配信しているマーケット情報などは見ておいた方が良さそうな気がします。

おじさんがオススメ株情報サイトに上げてるところは無料銘柄でも高い上昇実績を残してきていて、資金力にもよりますが月20万~100万ぐらいはコンスタントに狙えとこに絞っているので、「IPOに全然当選出来ない」「相場の流れに上手く乗りたい」と少しでも思う方はこちらもチェックしてみて下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

≫おじさんオススメ株情報サイト≪

それでは皆様、情報をしっかり集め、明日も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

■ゆうちょ銀行、かんぽ生命、日本郵政、郵政3社もだいぶ下げましたね

ゆうちょ銀行
7182 ゆうちょ銀行
公募価格:1,450円
初値  :1,680円
最高値 :1,823円(15/11/05)
最安値 :1,530円(16/01/14)
本日終値:1,550円


かんぽ生命
7181 かんぽ生命
公募価格:2,200円
初値  :2,929円
最高値 :4,120円(15/11/05)
最安値 :2,698円(16/01/14)
本日終値:2,771円


日本郵政
6178 日本郵政
公募価格:1,400円
初値  :1,631円
最高値 :1,999円(15/12/07)
最安値 :1,596円(15/11/04)
本日終値:1,705円


日経平均株価、大発会1月4日始値18,818円58銭だったのが今日15日終値は17,147円11銭と、9営業日で1,671円47銭となってますが、郵政3社も今年に入りだいぶ株価を下げましたね。

ゆうちょ銀行は昨日14日に公募価格まであと80円ってとこまで下げましたが、先物下げてますし来週も引き続き弱い相場が続くとなると公募価格を下回ってくるかもしれませんね。

公募価格あたりで物色が強まるか注目してみたいと思います。

難しい相場が続いてますが、底打ち感がないので安いところを拾うにも拾いにくい感じですね。

とりあえず、おじさんは今年も引き続き当選すれば初値で利益を得る可能性が高そうなIPOをチェックしながら、人気の株情報サイトが推奨する銘柄を見たりしていこうと思ってますが、今後の相場見通しをしっかり立てて株で上手く利益を出していきたいと思われる人には、「2012年日本株大底・歴史的買い場」や「2014年の黒田バズーカで大逆転」など、歴史的大相場を事前に予想し当ててきている前池英樹さんが代表を務めている新生ジャパン投資の配信情報は見ておくことをオススメします。

前池英樹さんはラジオNIKKEIで株教室って番組を持っていたりセミナーを開いていたりする人ですが、2036年までの予想を既に立てているみたいです。

世界マーケット動向や国内マーケット展望などを無料配信してくれるので、次の買い場に上手く乗りたいと思われる人は配信情報をチェックしておくといいと思います。

≫登録無料でマーケット情報などをチェック出来ます≪

人気化要素が揃ったIPOは当選したくてもなかなか当選出来ませんし、今の相場はアナリスト情報などをチェックしておかないと厳しい相場だと思うので、こういうクチコミサイトで評判がいい株情報サイトが配信しているマーケット情報などは見ておいた方が良さそうな気がします。

おじさんがオススメ株情報サイトに上げてるところは無料銘柄でも高い上昇実績を残してきていて、資金力にもよりますが月20万~100万ぐらいはコンスタントに狙えとこに絞っているので、「IPOに全然当選出来ない」「相場の流れに上手く乗りたい」と少しでも思う方はこちらもチェックしてみて下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

≫おじさんオススメ株情報サイト≪

それでは皆様、情報をしっかり集め、来週も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします。

【IPO】日本郵政(6178)上場2日目に付けた高値1,854円を更新

日本郵政

6178 日本郵政
前日終値:1,755円
始値  :1,758円
高値  :1,878円
安値  :1,750円
出来高 :51,162,600株
売買代金:93,626,751千円
終値  :1,851円 前日比+96(+5.47%)

日本郵政(6178)が売り一巡後株価を上げ高値を1,878円まで更新してきましたね。

日本経済新聞に[2015/11/11 0:15]付で「日本郵政、不動産を強化 名古屋で11日に再開発ビル竣工」という記事が掲載となっていましたが、全国の主要ターミナル駅前での不動産開発を強化していることが報じられ不動産部門の収益拡大への期待感が強まった格好でしょうか。

昨日10日にはゆうちょ銀行(7182)、かんぽ生命保険(7181)の限度額上げに関する報道がありましたが、郵政3社関連の報道は今後も何かと多そうな気がするので、投資家の関心が定期的に向かいやすそうな気がしますね。

規制緩和を好感した海外投資家の資金流入加速なども引き続き思惑視されているようなので、調整を重ねつつ上値を切り上げてくるかもしれませんね。

今後の株価の推移にも注目してみたいと思います。

それでは皆様、情報をしっかり集め、明日も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

【IPO】郵政3社続落 売りかホールドか

【IPO】郵政3社続落 売りかホールドか

日本郵政

6178 日本郵政    終値1,702円 前日比-53(-3.02%)
7182 ゆうちょ銀行  終値1,670円 前日比-48(-2.79%)
7181 かんぽ生命保険 終値3,640円 前日比-90(-2.41%)

郵政3社、日本郵政(6178)、ゆうちょ銀行(7182)、かんぽ生命保険(7181)続落となりましたね。

上場初日、2日目と強かった郵政3社ですが、3日目、今日4日目と株価を下げ売るべきかホールドか悩まれている方も多いのではないでしょうか。

年末トピック採用への期待はありそうですが、枚数多い東証1部の大型案件は売られだすと弱い印象ですね。

ゆうちょ銀行(7182)は初値を下回ってきていますが、公募価格よりはまだ高いので、こんなものかなって感じですかね。

売ったら上げてきたってパターンは本当に悔しい限りですが、いくらで売るか、いくらまでホールドか、株はホントしっかり決めておくのが大切だと思います。

とりあえず、いずれ上がったりするかもしれませんが、出来高が減り時間かかりそうですし、他の上がりそうな銘柄に資金を移すことを考えてみるのも良いかもしれませんね。

おじさんは旬なテーマ株でチャートが良くて出来高がある銘柄に注目したりしていますが、例えば[排ガス規制][燃料電池部材・部品]が関連テーマとしてあげられる第一稀元素化学工業(4082)とか、25日移動平均線にサポートされ株価を上げてきていて、PER8.4倍ほどなので、良さそうな押し目に入れたら上値を期待出来るのではって気がします。

ただ郵政3社から株を始めた初心者の方や、テーマ株やチャートや割安感などの見方が分からない方は、次にどの銘柄を買えばいいか?って考えられていたりするのではないでしょうか。

テーマ株とか良く分からないって人は老舗投資顧問イーキャピタルサイト内コンテン「テーマ株(関連銘柄)調査レポート」が無料で色々と見れてテーマ株ってこんな感じかって分かると思うので見てみるといいと思います。

マイナンバー関連銘柄
IoT(Internet of Things)関連銘柄
燃料電池車関連銘柄
郵政関連銘柄
再生医療関連銘柄
セキュリティ関連銘柄
ZMP関連銘柄
リニア新幹線関連銘柄

など、テーマ株は新聞などで取り上げられると関連銘柄への物色が強まったりするので、ある程度でも頭に入れておいた方が良さそうな気がします。

イーキャピタル

いま無料プレゼントしている渾身の一発逆転銘柄」も面白そうなので、下げ基調の銘柄ではなく急騰期待値が高そうな銘柄を知りたいと思う方は、無料プレゼントしてもらえるうちに見ておいた方がいいと思います。

イーキャピタルリピート率89.5%を誇っていて金融庁から投資助言を行う許可もしっかり得ている株情報サイトですが、創立15年にもなる老舗投資顧問で、利用者がだいぶ増えたのか、推奨された銘柄へ短期資金が向かいやすい印象です。

利用者が多いってことはそれだけ見ている人が多い、サイト内で取り上げられた銘柄に資金が向かいやすいって事だと思うので、配信されている銘柄情報に上手く乗れたら要領良く株で利益を出していけると考えられるのではないでしょうか。

一度推奨銘柄の動きを見てみたら分かると思うので、まだ配信情報を見た事がない人は、無料で見れるうちに見てみる事をオススメします(`・ω・´)

≫無料で銘柄情報を受け取ってみる方はコチラより≪

それでは皆様、期待値が高そうな情報をしっかり集め、明日も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

【IPO】日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、売り時は?まだ上げる?

【IPO】日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、売り時は?まだ上げる?

日本郵政
日本郵政(6178)
公開価格:1,400円
初値  :1,631円(公開価格比:+16.50%)
初日終値:1,760円(公開価格比:+25.71%)
5日始値:1,775円(公開価格比:+26.78%)
5日高値:1,854円(公開価格比:+32.42%)
5日終値:1,820円(公開価格比:+30.00%)


ゆうちょ銀行
ゆうちょ銀行(7182)
公開価格:1,450円
初値  :1,680円(公開価格比:+15.86%)
初日終値:1,671円(公開価格比:+15.24%)
5日始値:1,707円(公開価格比:+17.72%)
5日高値:1,823円(公開価格比:+25.72%)
5日終値:1,775円(公開価格比:+22.41%)


かんぽ生命保険
かんぽ生命保険(7181)
公開価格:2,200円
初値  :2,929円(公開価格比:+33.13%)
初日終値:3,430円(公開価格比:+55.90%)
5日始値:3,840円(公開価格比:+74.54%)
5日高値:4,120円(公開価格比:+87.27%)
5日終値:3,890円(公開価格比:+76.81%)


IPO日本郵政(6178)、ゆうちょ銀行(7182)、かんぽ生命保険(7181)、郵政3社とも株価を上げましたが、かんぽ生命保険が初日ストップ高、2日目も大幅高と強いですね!

やはり売出枚数が日本郵政ゆうちょ銀行と比べ少なかったので人気化しましたね。

買いたくても買えなかった資金などが入りお祭り状態となった印象ですが、抽選に当選された方、セカンダリーを上手く狙えた方は本当におめでとう御座います!

今日は3社とも上ヒゲを形成、明日は週末金曜ということで、一旦は売りか?それともまだ調整を挟んで上げてくるのを期待し強気のホールドか?考えられている方も多いと思います。

郵政3社は機関投資家、海外投資家の保有が少く、ヘッジファンドが政府からしか調達出来ないと考えると、個人的には郵政3社ともまだ上値余地を期待出来るかな?って気がしていますが、なんかもうモメンタム株(株価変動が大きい株)化している印象なので、かんぽ生命保険にナイアガラがきたら、ゆうちょ銀行日本郵政も連れ安しそうですね。

一旦利益を確定しておいて下げたとこで買い戻すのも面白いのではと思ったりしていますが、適当なところで手仕舞いにしておけば良かったーせっかく利益出てたのに損をしたーって事にならないようにしたいですね。

今はお祭り状態ですが、業績推移や将来性への評価が定まってくるとって感じなので、売買代金なども見つつ冷静かつ慎重なトレードを心掛けたいと思います。

それでは皆様、情報をしっかり集め、明日も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

【IPO 上場直前初値予想まとめ】日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険

【IPO 上場直前初値予想まとめ】
日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険

日本郵政

IPO】郵政3社、日本郵政ゆうちょ銀行かんぽ生命保険の上場がいよいよ明後日となりましたね!

規模が大きいが公募割れリスクはありそうなのか?初値はどれぐらい期待して良いものか、郵政関連記事に目を通されている方も多いのではないでしょうか。

当サイト郵政3社各詳細ページにご投稿頂いた初値予想をまとめてみましたが、


日本郵政(6178)

公募割れ(1,400円未満): 4票
+ 0%以上(1,400円以上):11票
+10%以上(1,540円以上):10票
+20%以上(1,680円以上): 4票
+50%以上(2,100円以上): 1票
【IPO】日本郵政[詳細情報・初値予想]⇒


ゆうちょ銀行(7182)

公募割れ(1,450円未満): 1票
+ 0%以上(1,450円以上): 5票
+10%以上(1,595円以上): 6票
+20%以上(1,740円以上): 3票
+50%以上(2,175円以上): 4票
2倍以上(2,900円以上): 1票
【IPO】ゆうちょ銀行[詳細情報・初値予想]⇒


かんぽ生命保険(7181)

公募割れ(2,200円未満): 3票
+ 0%以上(2,200円以上): 4票
+10%以上(2,420円以上): 2票
+20%以上(2,640円以上): 3票
+50%以上(3,300円以上): 2票
【IPO】かんぽ生命保険[詳細情報・初値予想]⇒


1番公募割れ予想が少ないのはゆうちょ銀行で、1番多いのはやはり吸収金額が6930億円にもなる日本郵政ですね。

公募価格比で初値上昇期待値が高いのは、ゆうちょ銀行かんぽ生命保険日本郵政って感じでしょうか。

次に、大手直前初値予想を見てみましたが、


日本郵政(6178)
大手直前初値予想:1,500円(公募価格比+ 7.14%)


ゆうちょ銀行(7182)
大手直前初値予想:1,600円(公募価格比+10.34%)


かんぽ生命保険(7181)
大手直前初値予想:2,500円(公募価格比+13.63%)


大手は、かんぽ生命保険ゆうちょ銀行日本郵政の順で公募価格比で初値上昇期待値が高いって感じですね。

今日2日(月)日経平均株価が前週比399円86銭安と大幅下落となりましたが、これは郵政株を買うためっていうのもあったりしないですかね。

NTTの上げを知ってる世代はバブル期と今の相場が違うと言えど買いそうな気がしますし、年金砲を期待した買いも入りそうな気がします。

なので初値形成は問題ないのでは?と思いますが、あまり中長期的には保有したくないって人が多そうな気がするので、初値売りがどれぐらいでるかって感じですね。

とりあえず郵政株で損をしたくないって人は初値プラスで始まれば初値売りで良いのではって感じでしょうか。

郵政上場まで後2日となりましたが、郵政3社、各詳細ページ下部にて皆様の上場直前初値予想、上場後の展望予想などをご投稿願えましたら幸いです。

それでは皆様、情報をしっかり集め、祝日明け4日(水)も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

【IPO】郵政株で儲けるのはあきらめなさい?まやかしの株式上場?

【IPO】郵政株で儲けるのはあきらめなさい?
まやかしの株式上場?

日本郵政

ゆうちょ銀行かんぽ生命保険は大丈夫そうだけど、日本郵政は将来性への不安が残り規模もでかく公募割れするのでは?と思われている方も多いのではないでしょうか。

おじさんは日本郵政上場に関する記事やニュースや当選報告などを色々と見ていますが、個人的には「郵政落選」「郵政補欠当選だった」という報告を見かけるので、初値形成は問題ないのではという気がしています。

ただ、民営化の設計図を書いた元財務官僚の高橋洋一さんが出している「“まやかしの株式上場”で国民を欺く 日本郵政という大罪」という本が気になっています。

・そもそもなで民営化したのか?
・民営化した日本郵政を誰がどのように歪めてきたのか?
・今の日本郵政は一体どういう状態なのか?
・そして今後どうなっていくのか?

当事者だから分かること、当事者だけしか語れない日本郵政、周りでうごめく政治家、官僚の真相などを一刀両断している本みたいですが、元財務官僚の人が郵政株で儲けるのはあきらめなさいって言ってるのを見ると少し不安になりますね。

本のレビューなどを読むと経営が分からない官僚OBが天下りして将来が暗くなったみたいな事が書かれているみたいですが、収益をあげれず赤字体質となり株は上がらず買った人は損をするのではって感じみたいです。

こういう本は読み方、捉え方によってって感じがするので何とも言い難いところがありますが、国を骨抜きにしている大人はどうしたっていなくならないんだろうなって気がしますね。。

日銀、金融政策の現状維持を決定、郵政上場まで後5日となりましたが、郵政3社、各詳細ページ下部にて皆様の初値予想、上場後の展望予想などをご投稿願えましたら幸いです。

【IPO】かんぽ生命保険[詳細情報・初値予想]⇒
【IPO】ゆうちょ銀行[詳細情報・初値予想]⇒
【IPO】日本郵政[詳細情報・初値予想]⇒

それでは皆様、情報をしっかり集め、今日この後も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

【IPO】日本郵政、IBM、Appleと共同で高齢者向け新サービス実証実験開始

【IPO】日本郵政、IBM、Appleと共同で高齢者向け新サービス実証実験開始

日本郵政

日本郵政は郵便局社員が高齢者宅を訪問し、生活状況を確認する「郵便局のみまもりサービス」を提供していますが、昨日27日(火)付でこのサービスを拡充するために、IBMAppleと共同で「高齢者向けタブレット等を活用した実証実験」を開始する事を発表していますね。

2015年10月29日(木)から、山梨県、長崎県において、「みまもりサービス」の定期訪問等に加え、タブレット等を活用した下記のサービスを1,000名程度に提供開始するようです。(サービス提供終了時期は2016年3月の予定)

(1)ICTの利活用を併用した「みまもりサービス」
健康確認
服薬確認
親世代が応答した体調を子世代が日々確認できるサービス
親世代へ服薬を促し、その結果を子世代が日々確認できるサービス
(2)親世代向け・子世代向けの「コミュニケーションサービス」
ご家族ホッとライン
ご家族アルバム
TV電話による会話が簡単な操作で楽しめるサービス。知人ともご利用可
ご家族の写真を共有できるサービス。スクリーンセーバとしても表示可能
(3)自宅での申し込みによる「買い物支援サービス」
買い物支援 自宅にいながら簡易な操作で注文ができるサービス
(4)自治体と連携した「地域情報サービス」※11月中に提供開始予定
地域のお知らせ
生活支援
自治体のコミュニティー情報を提供するサービス
社会福祉協議会等へ家事や軽作業等が依頼できるサービス

※上記サービス名称、内容は変更される可能性があります。また、上記サービスの提供がないエリア、提供時期が遅れるエリアがあります。

日本郵政はROEが3.4%ほどで成長性に不透明感があるとされているので、米IBM・アップルとの連携は材料視されそうな気がしますね。

今年6月に健康食宅配事業を行っているファンデリー(3137)が新規上場していましたが、買い物支援サービスとか高齢者社会で需要あるかもですね。

「超高齢化社会に向け、介護問題に正面から取り組みたいと」西室泰三社長は話しているようですが、日本郵政の今後の鍵は「みまもりサービス」が握っている感じでしょうか。

上場まで後7日となりましたが、郵政3社、各詳細ページ下部にて皆様の初値予想、上場後の展望予想などをご投稿願えましたら幸いです。

【IPO】かんぽ生命保険[詳細情報・初値予想]⇒
【IPO】ゆうちょ銀行[詳細情報・初値予想]⇒
【IPO】日本郵政[詳細情報・初値予想]⇒

それでは皆様、情報をしっかり集め、明日も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

【IPO】日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、どれを買ってもそこそこ儲かる?

【IPO】日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、どれを買ってもそこそこ儲かる?

日本郵政

日本郵政ゆうちょ銀行かんぽ生命保険、郵政3社の公募・売出価格が決定となりましたが、3社の中で買うとしたら、どれが1番利益を得れそうなのか、儲かりそうなのかってとこですね。

まず吸収金額でみてみると、

日本郵政 6,930億円
ゆうちょ銀行 5,980億円
かんぽ生命保険 1,452億円

日本郵政は規模が非常に大きく、かんぽ生命保険の方が上がりやすそうなのではという印象ですね。

次に3社のPBR(株価純資産倍率)でみると、

日本郵政 0.41倍
ゆうちょ銀行 0.47倍
かんぽ生命保険 0.67倍

日本郵政が3社の中では最も割安感があります。

ちなみに同業種のPBRを見ると、

日本通運 1.15倍
ヤマトホールディングス 1.89倍
三井住友フィナンシャルグループ 0.72倍
三菱UFJフィナンシャル・グループ 0.72倍
みずほフィナンシャルグループ 0.75倍
第一生命保険 0.71倍
損保ジャパン日本興亜ホールディングス 0.86倍

となっていて、日本郵政に割安感があるのが分かります。

あと、配当利回りでみると、

日本郵政 3.3%
ゆうちょ銀行 3.4%
かんぽ生命保険 2.5%

ゆうちょ銀行が3社の中で最も配当がいいですね。

ちなみに同業種の配当を見ると、

日本通運 1.61%
ヤマトホールディングス 1.01%
三井住友フィナンシャルグループ 3.10%
三菱UFJフィナンシャル・グループ 2.30%
みずほフィナンシャルグループ 3.05%
第一生命保険 1.68%
損保ジャパン日本興亜ホールディングス 2.06%

となっていて、郵政3社の配当がいいことが分かります。

こうして見ると、問題はやはり成長性かなといった印象ですね。

特に利益の大半をゆうちょ銀行かんぽ生命保険に依存していた日本郵政は先行き不透明感が強いように思います。

ただ、色々と言われていますが、12月末に向けTOPIX(東証株価指数)に組み入れられるため、TOPIX連動型のファンドが買ってくるという需給面での追い風を期待出来るので、郵政3社どれを買ってもそこそこ儲かるのでは?と考えられるのではないでしょうか。

何だかんだでお金がありそうなとこが買ってきそうかどうかってとこですかね。

上場まで後8日となりましたが、郵政3社、各詳細ページ下部にて皆様の初値予想、上場後の展望予想などをご投稿願えましたら幸いです。

【IPO】かんぽ生命保険[詳細情報・初値予想]⇒
【IPO】ゆうちょ銀行[詳細情報・初値予想]⇒
【IPO】日本郵政[詳細情報・初値予想]

それでは皆様、情報をしっかり集め、今日この後も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

【IPO 初値予想】日本郵政[公募価格]仮条件上限で決定!

【IPO 初値予想】
日本郵政[公募価格]
仮条件上限で決定!

【IPO】今日26日(月)付で日本郵政(6178)の公募売出価格が決定となってますね。

日本郵政
日本郵政(6178)[東1]
想定価格:1,350円
仮条件 :1,100-1,400円
公募価格:1,400円
申込期間:10/27-10/30
上場日 :11/04

【IPO】日本郵政[詳細情報・初値予想]⇒


日本郵政(6178)の公募売出価格は仮条件上限で決定。

日本郵政だけで吸収金額6,930億って凄いですね。

さすがにこの規模で公募価格比+10%以上の初値形成は厳しいような気もしますが、評価が上がってきているようなので期待値としては+10%~+15%ぐらいといったところでしょうか。

公募価格あたりで寄ったら話題性から買いが入りやすそうな気がするので、セカンダリーを狙ってみるのも良さそうかな?と個人的には思ったりしています。

詳細ページ下部にて[公募価格]決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

それでは皆様、情報をしっかり集め、明日も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

■【IPO】日本郵政株 公募殺到で倍率100倍!?売り時は!?

【IPO】日本郵政株
公募殺到で倍率100倍!?売り時は!?

日本郵政
日本郵政3社への購入申込が殺到しているという記事を読みましたが、ネット証券の方が「当社の割り当てに対する倍率は100倍にも上る」と話されているようですね。

また、日経CNBCの番組で日本郵政グループのIPOに申し込んだかどうかを個人投資家にアンケートしたところ、「50%以上が申し込み」「約20%が上場後に購入したい」と回答しているようです。

上場承認が決まった当初は売出規模が大きく公募割れリスクもあるか?という予想もあったと思いますが、郵政関連の記事をいくつか読む限り初値形成は問題なさそうですね。

あとは将来性に疑問が残るので「いつ売るか」「売りのタイミングは」って感じでしょうか。

売りのタイミング次第で得れる利益も異なってくると思うので、初値で売るのか、少し持つのか、しばらく持つのか、悩ましいところですね。

抽選に当選された方は、日本郵政株でどれぐらいの利益を狙えるのか、上値をどこまで追えるのか、失敗のないように目標株価を予め決めておいた方が良さそうな気がします。

上場まで後9日となりましたが、郵政3社、各詳細ページ下部にて皆様の初値予想、上場後の展望予想などをご投稿願えましたら幸いです。

【IPO】かんぽ生命保険[詳細情報・初値予想]⇒
【IPO】ゆうちょ銀行[詳細情報・初値予想]⇒
【IPO】日本郵政[詳細情報・初値予想]⇒

それでは皆様、情報をしっかり集め、今日この後も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

■【IPO】日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命《販売状況》

日本郵政

日本経済新聞に掲載となっている「郵政上場前夜 配当に人気、課題は成長力」という記事を読みましたが、販売状況はいいみたいですね。

テレビCMや全国で行われた説明会が新規顧客獲得へと繋がっている印象です。

売り出し規模が郵政3社で最大1兆4362億円にも及ぶので、公募割れリスクも予想されましたが、買いやすい価格に設定され割安感があり配当利回りも高く初値は問題ないかもですね。

ただ成長性が高いとは言えず、中長期的な上昇を期待出来るかと言うと、現状では厳しい印象なので、抽選に当選出来なかったとしたら頭と尻尾はくれてやれぐらいな感じでしょうか。

NTT(9432)は上場2ヶ月後の高値を未だに超えれずにいますが、郵政3社の中でも日本郵政(6178)は特に成長性に課題を残し、ある程度まで株価を上げたら利確売りされ低迷ってこともありそうな気がします。

ブックビルディング期間は、ゆうちょ銀行(7182)とかんぽ生命保険(7181)が16日(金)迄、日本郵政(6178)が1週間長く23日(金)迄。

おじさんは公募割れはないかなと思っているので、出来るだけ取りにいきたいなと思っています。

それでは皆様、情報をしっかり集め、明日も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

■【オススメ記事】日本郵政がいよいよ上場、勝率は7勝1敗?

日本郵政

郵政3社の仮条件が決まり、BB期間が8日から23日までとなってますが、皆様はもう抽選に申し込まれましたでしょうか?

売り出し規模が計1.5兆円程度にもなるが抽選に申し込んで良さそうか、公募割れリスクはなさそうか、悩まれたりしている方は、いま老舗で情報力に定評がある株マイスターがサイト内で掲載している「日本郵政がいよいよ上場、勝率は7勝1敗?(公開期間 : 2015年10月12日14:00 ~ 2015年10月16日23:59 まで)」って記事が、これまでに民営化し政府保有株が株式市場に放出された事例に関して書かれていてオススメです。

日本郵政上場で売り需要が出やすい銘柄や、連想買いが波及する可能性がある銘柄なども書かれているので、株価が動く前にチェックしておいた方がいい情報ではないでしょうか。

関連記事:オススメ投資顧問 株マイスター

それでは皆様、情報をしっかり集め、明日も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

【IPO 初値予想】日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険[仮条件決定]

【IPO 初値予想】
日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険
[仮条件決定]

【IPO】7日(水)付で日本郵政(6178)、ゆうちょ銀行(7182)、かんぽ生命保険(7181)の仮条件が決定となってますね。

日本郵政
日本郵政(6178)
想定価格:1,350円
仮条件 :1,100-1,400円
BB期間 :10/08-10/23
公募価格:10/26

【IPO】日本郵政[詳細情報・初値予想]⇒


ゆうちょ銀行
ゆうちょ銀行(7182)
想定価格:1,400円
仮条件 :1,250-1,450円
BB期間 :10/08-10/16
公募価格:10/19

【IPO】ゆうちょ銀行[詳細情報・初値予想]⇒


かんぽ生命
かんぽ生命保険(7181)
想定価格:2,150円
仮条件 :1,900-2,200円
BB期間 :10/08-10/16
公募価格:10/19

【IPO】かんぽ生命保険[詳細情報・初値予想]⇒


仮条件から吸収金額を計算すると1兆1854億円~1兆4362億円って凄いですね。

NTTドコモ以来の大型上場となりますが、NTTドコモが吸収金額2兆1255億円で株価を上げた事を考えると郵政3社も公募割れは何だかんだでないのではって気がしてます。

ただ日本郵政グループはビジネスモデルの確立が不十分な印象があり、中長期的な保有には向かないかもしれませんね。

各詳細ページ下部にて[仮条件]決定を受けての皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

それでは皆様、情報をしっかり集め、明日も慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

【IPO 初値予想】ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵政

【IPO 初値予想】
ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵政

ゆうちょ銀行
ゆうちょ銀行(7182)
想定価格:1,400円
吸収金額:5,774億円
BB期間 :10/08-10/16
仮条件 :10/07
公開価格:10/19

【IPO】ゆうちょ銀行[詳細情報・初値予想]⇒


かんぽ生命
かんぽ生命保険(7181)
想定価格:2,150円
吸収金額:1,419億円
BB期間 :10/08-10/16
仮条件 :10/07
公開価格:10/19

【IPO】かんぽ生命保険[詳細情報・初値予想]⇒


日本郵政
日本郵政(6178)
想定価格:1,350円
吸収金額:6,682億円
BB期間 :10/08-10/23
仮条件 :10/07
公開価格:10/26

【IPO】日本郵政[詳細情報・初値予想]⇒


9月10日(木)に日本郵政グループ、ゆうちょ銀行(7182)、かんぽ生命保険(7181)、日本郵政(6178)の新規上場(IPO)が決まりましたが、おじさんはゆうちょ銀行(7182)も日本郵政(6178)もかんぽ生命保険(7181)も今のところ申し込もうかなと思っております。

まだ上場となる11月4日までしばらくありますが、各IPO詳細ページにて、皆様の初値予想をご投稿願えましたら幸いです。

3社のBBスタンス、申し込むとすればどれが良さそうかなどは、もう少し調べてBB期間が近づきましたらまた記事を書きたいなと思います。

それでは皆様、情報をしっかり集め、連休明けも慎重に後悔のないトレードを!!
下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします

【IPO】2015年新規上場予想[LINE(ライン)][AIMING(エイミング)]

2009年からIPOが増え今年は今のとこREIT含め7銘柄が新規上場承認となってますが、今日は2015年IPOが予想される銘柄を書いておきたいと思います。


LINE
まずはやっぱり無料対話アプリが一気に広がりをみせたLINEですね。昨年は最適なタイミングではないとし年内上場は見送りとなりましたが、今年はさすがにくるんじゃないでしょうか。時価総額1兆円と言われ大型IPOとなりそうですが、またLINE関連銘柄への物色が強まる日がくるものでしょうかね。


 Aimingエイミング
剣と魔法のログレス いにしえの女神」がCMなどしてて知名度が高そうですが、アプリゲーム開発、運営などを行うAIMINGエイミング)が昨年2014年にYJキャピタルやSMBCベンチャーキャピタルなどから総額5億円を調達していて今年2015年の上場が予想されます。


 日本郵政
子会社のゆうちょ銀行かんぽ生命とこの秋3社同時上場を目指しているようですね。上場規模が7兆円規模と観測されており、2015年最大規模の上場となりそうです。


 USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)
ハリー・ポッター」をテーマにした新エリアが人気を集め業績を伸ばしてきそうなUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)ですが、今年2015年の再上場に向け準備を進めているようですね。


 東京地下鉄
東京メトロで知られている東京地下鉄ですが、中期経営計画「東京メトロプラン2015」で民営化を見据えているみたいです。具体的な上場時期は未定のようですが、出来る限り早期上場を目指しているようなので2015年上場もあるかも?


 ZMP
自動車テレマティクス分野での提携を発表したネクス(6634)が大幅に株価を上げましたが、自動運転車関連銘柄としてテーマ性が強そうなZMPも2015年に上場するのでは?と注目されているようですね。


Geniee(ジーニー)
マイナビの会社データに「IPOに向け着々に準備を進めています」とありますね。アドテクノロジー関連でアジアNo.1を目指していて面白そうな銘柄ですね。


BANK OF INNOVATION(バンクオブイノベーション)
征戦!エクスカリバー」などのゲームを提供している会社で、先日1月23日にファンタジーRPG「幻獣契約クリプトラクト」が配信決定となったことを発表していましたが、昨年12月16日に発表した「新任役員及び役員人事に関するお知らせ」で「今回の役員体制の変更は、今後のIPO(株式公開)に向けて、経営体制の強化および業務執行にかかる意思決定の妥当性・適正性を確保するために実施したもの」としてますね。2015年の上場となるでしょうか。


Net Marketing(ネットマーケティング)
Facebookを活用した、日本最大級の恋愛マッチングアプリOmiai」を運営している会社ですが、経営者通信で3年以内に上場予定とあります。


上記や、その他だとコメダ珈琲を運営するコメダホールディングスや専門系サイトを運営するイードあたりが新規上場を予想される感じでしょうか。

どこまで実際に上場となるか分かりませんが、IPOラッシュが続き市場が盛り上がるのを期待したいですね。

関連銘柄として物色が進みそうな銘柄などがないか、また時間があるときに探してみたいと思います。

とりあえず、おじさんは当選すれば初値で利益を得る可能性が高そうなIPOや、人気投資顧問が推奨する銘柄をチェックしたりしてますが、こういうクチコミサイトランキング上位の投資顧問が推奨する銘柄は本当に口コミがいいだけあって結構上がったりするので、まだチェックしてない人は無料登録からでもお勧めです。

≫急騰銘柄に乗りたいと思う人は必見!!≪

金融庁からの認可(※金商)がない投資顧問は悪質悪徳な会社だったりするのでお勧めしませんが、評判がいいとこは資金力にもよりますが月20万~100万ぐらいはコンスタントに狙えるし、おじさんがお勧め投資顧問に上げてるところは無料銘柄でも定期的に高いパフォーマンスを残している印象なので良かったらチェックしてみて!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

≫おじさんオススメ投資顧問≪

それでは皆様、情報をしっかり集め、明日も慎重に後悔のないトレードを!! \(^^)/チャオ! 下のポチっとにも是非ご協力を!(-人-)

※本ブログは個別であげている銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。株式投資は自己責任でお願いします(`・ω・´)